アレックスラミレスの嫁の店とは?まゆゆと似てる?群馬時代の年棒

「明るいキャラでファンからの人気がある」横浜DeNAベイスターズのアレックス・ラミレス監督。

今回は、ラミレス監督の横顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■ラミレス監督の嫁ってどんな人?日本に店を出している?

1994年、ラミレス監督が18歳の時、エリザベスさんという方と結婚をしています。

なんと!14歳年上の女性です!

ラミレス監督のマイナー時代から、食事面、精神的にも支えてきた奥様。

また、エリザベスさんは、元ソフトボールの選手だったので、バッティングの技術面でもアドバイスをしていたそうです。

2013年には、エリザベスさんが、日本にプエルトリコ料理店を開店。

その名も

「ラミちゃんカフェ」

親しみがわく名前ですね(*^_^*)

店のオープンには、ベネズエラ大使など多数のVIPが訪れ、繁盛していました。

しかし、2014年に夫婦は離婚。

離婚理由は、ラミレス監督の色々な問題と言われていますね。

お店の方も、オープンから1年半で閉店したそうですが、これも、離婚が原因なのでしょうか?

■ラミレス監督とまゆゆが似ている?

AKB48の総選挙でも、1位2位を争う人気者の渡辺麻友さん。

そんな、まゆゆとラミレス監督が「似てる!」と言われています。

だれもが「どこが?」って思いますよね。

どこから見ても、どの角度から見ても、似ているとは思いませんが…

しかし、顔のパーツ部分をそれぞれ分けて見ると…何となく似ていますね(^^)

そう考えると、人間の顔って不思議です。

■群馬時代の年棒っていくら?

2014年にラミレス監督は、ベースボール・チャレンジ・リーグの「群馬ダイヤモンドペガサス」へ入団しました。

ラミレス監督が、読売ジャイアンツに在籍していた時の年棒は、5億円。

そして、群馬ダイヤモンドペガサスの年棒は、500万円↘

5億から500万…びっくりする下がりようですね。

しかし、プロ野球の世界では、あり得ること。

ここまでくると、「お金」云々の問題ではなく、

「自分が何をしたいのか?」「自分自身が納得するには?」

このあたりが基準となるのでしょうね。

■まとめ

ラミレス監督は、2000年にヤクルトスワローズに入団し、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、と日本で10年以上現役を続けました。

2007年には、外国選手の右打者として、プロ野球史上初となる

「ジーズン200安打」

を達成。

日本の芸人さんのマネをするなど、明るい性格でも親しまれています。

監督としても、CSに出場するなど、実力・人気を兼ね備えたラミレス監督。

今後も、ラミちゃんの活躍から目を離せません!