アルフレド・デスパイネはロッテ退団!ソフトバンク・中日と交渉か?

千葉ロッテマリーンズで活躍してきた、アルフレド・デスパイネ選手。

千葉ロッテマリーンズとの契約交渉の結果と福岡ソフトバンクホークス、中日ドラゴンズとの交渉内容について迫ります。

スポンサーリンク

■ロッテの退団は確定的…

2014年7月15日に千葉ロッテマリーンズと契約することが発表され、7月24日に入団会見を行ったアルフレド・デスパイネ選手。

2014年から2016年までの3年間、日本球界での活躍内容は、

通算282試合出場
打率0.277
54本塁打
187打点

という成績でした。

デスパイネ選手は、社会主義国家であるキューバの公務員という扱いのため、日本球界で活躍するためには、キューバ政府との交渉が不可欠です。

2016年、ロッテへの残留を希望していましたが、キューバ政府とロッテとの交渉の結果、契約を更新することが厳しく、デスパイネ選手は退団を余儀なくされました。

出来る限りロッテでやりたい…

と繰り返し言っていたデスパイネ選手だけに、残念でならない結果です。

この結果に、千葉ロッテマリーンズのファンからも惜しまれる発言が相次いでいます。

■ソフトバンクへ入団か?

千葉ロッテマリーンズの退団が決まり、真っ先に交渉に乗り出したのが、福岡ソフトバンクホークスでした。

3年15億円前後とみられる好条件を準備しているようです。

今後は、キューバ政府との交渉次第のようですが、インターネットニュースでは、

ソフトバンクが獲得確実、決定的!

と報じています。

王貞治・球団会長も

正式にはっきりしないとあれだけど、入ってくれると大きいよね

と期待感を隠しません。

■中日ドラゴンズとも交渉?

このアルフレド・デスパイネ選手がロッテとの契約更新の際、難航しているということが報じられた段階で、獲得に向けて交渉しているのが、

ロッテ・ソフトバンク・中日だ

と、デスパイネ選手本人が答えていたようです。

その情報は、キューバ共産党機関誌の「グランマ」という雑誌に掲載されていました。

しかし、中日ドラゴンズ側は、そのような事実はないと完全否定しています。

誤報だったようですが、日本球界が

デスパイネを引き留めたいのだろう…

と、キューバの報道陣が捉えていたということなのでしょう。

■まとめ

千葉ロッテマリーンズの松本編成部長が、

デスパイネは、うちの宝!

と答えるほど、ロッテに大切にされたアルフレド・デスパイネ選手。

社会主義国家であるキューバ出身のため、自分でプレーしたい球団を選べない境遇です。

今後、どの球団に正式に入団するのか、目が離せません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする