炭谷銀仁朗・投球とパチンコとお嫁さんを見極める勝負強い「目」

埼玉西武ライオンズで捕手として活躍する、炭谷銀仁朗(すみたにぎんじろう)選手。

炭谷選手のお嫁さんと、パチンコでの勝負強さ、勝負を見分ける目について迫ります。

スポンサーリンク

■炭谷銀仁朗選手のお嫁さんと子供

炭谷銀仁朗選手は、2012年8月8日に結婚しています。

お嫁さんは一般女性で、長谷川京子さん似の3歳年上の方なのだとか。

168センチの身長とのことですから、モデルさんのようなスレンダー美人なのでしょう。

二人の馴れ初めは2009年3月に、都内で共通の知人の紹介で知り合ったこと。

しばらくのお友達期間を経て、2011年1月から交際をスタートさせ、2012年1月からの同棲を経て、結婚に至りました。

子供にも恵まれ、2012年12月17日に女の子が誕生しています。

お嫁さんは料理上手で、炭谷選手の栄養バランスを考えた料理を作っているようです。

野球のことで落ち込んでる時も明るい笑顔で癒してくれる

と、炭谷選手も感謝のコメントをしています。

美味しい食事と、お嫁さんと娘の笑顔が、炭谷選手の原動力となっているのでしょう。

■パチンコでの勝負強さ

炭谷銀仁朗選手は、入団後にパチンコにはまったそうです。

2007年秋季キャンプ中にプラス35万円、2008年春季キャンプ中にプラス15万円の収支です。

バッテリーでも勝負強さを発揮していますが、パチンコでも勝負強さを発揮しているのですね(゚д゚;)

今でもパチンコをしているのかの情報はありませんが、炭谷選手の勝負強さがよくわかるエピソードです。

■大局を見極める「目」

炭谷銀仁朗選手は、捕手として活躍している選手です。

捕手は、一義的には球を見て捕るポジションであり、投手の投げた球をもらさすキャッチする仕事。

しかし本質的には、投手をリードし、試合を運んでいくゲームメーカーなのです。

対戦相手を研究し、投手とコミュニケーションをとり、気持ち良く投げさせながら持ち味を引き出していくことが大切な仕事です。

速球を見極め、大局を見極める「目」を持つ炭谷選手。

だからこそ、投手や監督からの信頼が厚く、ライオンズ「正捕手」の座を不動のものとしているのでしょう。

■まとめ

大局を見極める「目」を持つ炭谷銀仁朗選手。

その鋭い眼力は、野球はもちろん、パチンコでの勝負強さや、素敵な笑顔を持つ良いお嫁さんを見極めることにも活かされたのではないでしょうか。

これからも炭谷選手はその眼力を活かして、野球にパチンコに活躍していくことでしょう(^o^)丿

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする