涌井秀章の【高校時代】当時の成績は?当時もイケメンで彼女がいた?

横浜高校入学時から「松坂大輔2世」と呼ばれ、ポーカーフェイスでキレのよい速球を投げていたのが印象的だった涌井秀章(わくいひであき)選手。

今回は、涌井選手の高校時代に迫っていきます!

スポンサーリンク

■高校時代の成績は?

涌井秀章選手は、野球の名門中の名門・横浜高校の出身です。

冒頭でも触れましたが、あの松坂大輔選手の出身校でもあります。

涌井選手は高校時代に2度、甲子園に出場しています。

1度目は、2年生春の選抜大会です。

主に、涌井投手の1学年上だったエース成瀬喜久投手のリリーフとして登板しました。

決勝戦では先発を任されたものの、広陵打線が大爆発し、3-15と大敗を喫してしまいます。

3年生になり、最後の夏の甲子園は3回戦までを一人で投げ切ります。

準々決勝で、その年の優勝校・駒大苫小牧に敗れはしたものの、打撃でも本塁打を放つなど、攻守に渡ってチームを引っ張り、見事ベスト8入りを果たしました。

■高校時代に彼女はいた?

2016年にモデルの押切もえさんと結婚した涌井秀章選手ですが、きっと高校時代から女性にモテていたはず。

そんな涌井選手の高校時代の彼女について調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

しかし、プロ野球入りしてからは、数人の有名人女性と熱愛報道がされています。

また、女性問題でスキャンダルを起こしてフライデーされてしまい、一軍登録を抹消されてしまったこともありました。

結婚もしましたし、今後このようなことはないと信じたいです。

最近は、不倫報道も多くなっていますが、涌井選手にはずっと奥さん一筋でいて欲しいですね(*^^*)

■高校時代からイケメンだった?

今でもイケメン選手として人気の涌井秀章選手ですが、横浜高校時代から既にイケメンだと話題になっていました。

身長185・体重78キロと、現在よりかなり細身だったこともあり、

モデルみたい!

と女性だけでなく、同性からも認められるイケメンっぷりでした。

プロ野球入りしてからは、ジャニーズのアイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さんに似てる!?という声も上がっていました。

結論、今も高校時代も涌井選手はイケメンということで間違いなさそうです(^^)/

■まとめ

2016年に結婚したばかりで幸せ絶頂の涌井秀章選手。

一部では、

西武ライオンズ時代が全盛期だったんじゃ・・・

と囁かれているようですが、今シーズンのキャンプイン直前に千葉ロッテマリーンズと3年間の契約延長をし、球団からの期待はかなり大きいです。

今期は、「18勝以上」とキャリアハイな目標を掲げています。

結婚し、奥さんという守るべき存在ができたと同時に、涌井選手を支える心強い存在でもあります。

大きな目標ではありますが、決意も新たに頑張って欲しいです!

◆おまけ

最近はこんなものもあるんですね。

ASICS(アシックス)涌井秀章選手モデル少年軟式野球用グラブ(投手用)・右投げBGJ4PQ

涌井投手みたいになれるかも!?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク