栗山英樹は独身…福島弓子と結婚歴が?自宅は東京?数多の名言たち

2016年の日本シリーズで、北海道日本ハムファイターズを日本一へと導いた、名将・栗山英樹(くりやまひでき)監督。

栗山監督は独身ということですが、結婚歴はあるのでしょうか?

また、栗山監督の自宅や名言についても迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■独身…福島弓子さんと結婚歴が?

1961年生まれの栗山英樹監督ですが、現在も独身を貫いていらっしゃるようです。

ハンサムでとてもモテるのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。

今まで数々の浮き名を流したようで、

イチロー選手の妻、福島弓子さん…
テニスプレイヤーの伊達公子さん…
長嶋茂雄さんの次女の三奈さん…
そして、最近では石原さとみさんとも噂をされていました(#^.^#)

img_1958

福島弓子さんとは、結婚を考えるくらいまでのお付き合いをされていたようです。

結婚は運やタイミングが関係する部分も大きく、いくら素敵な男性でも、なかなか結婚というところまで至らないこともあります。

しかし、栗山監督もまだ55歳。

もしかしたら、これから「結婚」ということも、十分考えられると思います(^o^)丿

■自宅は東京?

栗山英樹監督は、東京生まれで、大学まで東京で青春時代を過ごしました。

プロ入り後もヤクルト、そして野球解説者ですから、生活の拠点は東京にあったでしょう。

そんな栗山監督の現在の自宅は、北海道栗山町にあります。

自然豊かな丘の上にログハウスを建設し、ご自宅とされているようです。

自費で雑木林を切り開き、ログハウスの隣に野球場を作ったり、「栗の樹ファーム」という展示場も建設しました。

栗の樹ファームには、野球の展示品を常設しています。

普通の状態だと、どうしても野球のことしか考えないので、頭をリセットするために、毎日1時間くらい草むしりしている

とコメントしていた栗山監督(~_~)

栗山監督にとってご自宅は、最高にリフレッシュ出来る環境となっているのではないでしょうか?

■栗山監督の数多の名言について

栗山英樹監督は、数々の名言を残していますが、ひとつ、ご紹介したいと思います。

指導者にとって大事なのは、選手と一緒にどれだけ成長していけるか。僕もまだ全然ダメだから、成長しないといけない。それは伸びしろがあるということ。選手と一緒に成長していけば、当然チームはよくなる。選手は試合で経験しながら成長できるけれど、我々は試合に出られない。選手の10倍は努力しないと、選手と一緒に成長できない。

国立大(東京学芸大)出身らしい、含蓄に富んだコメントですね(^^)v

他にも、たくさんの名言を残されていますが、さすが球団を日本一に導いた監督と思わせる素敵な名言ばかり。

著書も多数ありますので、一度、読んでみられてはいかがでしょうか?

■まとめ

独身を貫く栗山英樹監督。

その人生は、ひとえに野球を愛し、監督として選手を大切に思っている姿が浮かび上がってきます。

これからもますますのご活躍を期待しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 栗山英樹は独身…福島弓子と結婚歴が?自宅は東京?数多の名言たち […]