澤村拓一の実家を紹介…父・母・兄弟と過ごした中学校・高校時代

読売ジャイアンツの守護神、澤村拓一(さわむら・ひろかず)投手。

今回は、そんな澤村投手の育った実家や中学・高校時代をご紹介します。

スポンサーリンク

◆実家・栃木の中学校・高校時代

澤村拓一投手は、栃木県栃木市の出身。

ちなみに、栃木県の県庁所在地は、宇都宮市です。

中学校で習いましたね(^_-)

澤村投手は、栃木市立大宮北小学校2年生の時に野球を始め、6年からは投手を務めました。

栃木市立東陽中学校でも野球部に所属して、県大会に出場。

佐野日大高校時代は3番手投手として夏を迎え、登板機会がないまま県大会決勝で敗退したため、甲子園出場経験はありません。

ちなみに、佐野日大高校時代は寮生活で、2016年にジャイアンツに所属したの金伏ウーゴ(かなぶし・ウーゴ)選手と同じ部屋だったそうです。

金伏選手は、

高校時代、かわいがってもらいました。同じチームになれてうれしいです

と話していましたが、現在は巨人を退団しています。

澤村投手は、高校の先輩で中央大学OBでもある会田有志さんの勧めもあって、中央大学硬式野球部へ進学。

2010年10月のドラフト会議で、読売ジャイアンツから単独1位指名を受け、ジャイアンツ入りを果たしています。

◆実家の父親と母親

澤村拓一投手の父親は、澤村伸一さん。

母親の名前は、澤村和子さんです。

2012年5月の母の日。

マウンドに立った澤村投手はヤクルト相手を7回無失点に抑え、3勝目をマーク。

ヒーローインタビューでは、スタンドを見渡し、間をおいて出たのは、素朴な言葉でした。

今日は母の日なので…今まで迷惑を掛けてきたので…。今日だけは、母に勝利をささげたいと思います

気持ちに正直に、大きな声で語りかけた言葉は、純な秋田のファンにも十分に届き、こまちスタジアムを大きな拍手が包みこみました。

2013年5月の母の日。

母の日用のピンクのグラブが届いた澤村投手は、

明日はこれで練習します。

とツイート。

MLBでもピンクの手袋やリストバンドをつけたりするそうですが、どんなに一流の選手でも、母親への感謝の気持ちは同じという事なのでしょう。

◆兄弟はいる?

澤村拓一投手は、お姉さんとの2人兄弟です。

お姉さんは、元獣医をされていたということであり、頭が良かったのでしょうね。

澤村投手はトイプードルを飼っていますが、遠征時には、お姉さんが面倒を見てくれています。

◆まとめ

今回は、澤村拓一投手の実家や家族の様子を見てきました。

2017年シーズンは、沖縄キャンプ中に受けたはり治療が原因で、登板できない状態が続いています。

プロ選手を相手に施術ミスなどあってはならないことですが、こうなっては一日も早い回復を目指すしかありません。

実家のお父さん、お母さん、お姉さんも、応援してくれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク