落合博満・お嫁さんと息子について〜激やせの真相と名監督の葛藤…

野球殿堂入りを果たし、2017年1月で中日ドラゴンズのゼネラルマネージャーを退く、落合博満(おちあいひろみつ)さん。

今回は、落合さんのご家族と激やせの真相、そして名監督時代のエピソードに迫ります。

スポンサーリンク

■落合博満さんのお嫁さんと息子

落合博満さんは、1983年に落合信子さんと結婚します。

1980年頃、ロッテオリオンズに在籍していた落合さんと信子さんは知り合い、ゴールイン。

信子さんは、落合さんより、9歳年上の姉さん女房ですが、出会った当初は

「3歳年上」

とサバを読んでいましたσ(^_^;)

そして1987年8月20日、息子の福嗣さんが誕生します。

福嗣さんは現在、声優として活躍していて、2014年1月20日には長女が誕生。

落合さんにとって初孫となります。

自身の子育てでも甘やかしていたことで有名ですが、孫に対しても、名監督形無しの笑顔で接しているようです(*^_^*)

■激やせの真相

落合博満さんは、何度か急激に痩せたことがあり、そのことをメディアでよく取り上げられています。

現役引退後、循環器系の病気を患い、激やせしていた時期もありました。

激やせの原因は、過労やストレスではないかという話もあります。

2016年11月20日、突然、球団がキャンプをしていたナゴヤ球場を訪問しましたが、その際も、

「以前よりさらに体が細くなった」

と、激やせが心配されました。

現役時代、監督時代と活躍してきた落合博満さん。

彼の体調を気にかけている方が大勢います。

■名監督ゆえの葛藤…

3度の三冠王を獲得した名選手である落合博満さん。

「名選手に名監督なし」

という言葉がありますが、どうなのでしょう。

落合さんは監督時代、中日ドラゴンズを4度のリーグ優勝に導き、日本一も経験しました。

前述した言葉を覆す名監督ぶりです。

「自分自身で考えられるように育てていく」

と、選手を主体とした育て方を実践し、監督として見事な采配を見せています。

勝つことが最大のファンサービス…と公言していた落合博満さん。

ファン感謝デーに出席しないなど、実際にファンと触れ合う機会に対しては、積極的ではありませんでした。

勝つことがファンのためとしていましたが、逆にそのことがファン離れを招いてしまいます。

落合さんの考えは正しいですが、プロ野球はファンに支えられているという事もまた事実。

純粋に野球を追求するということは、難しいのかもしれません。

■まとめ

名選手、名監督として活躍してきた落合博満さん。

2017年1月には中日ドラゴンズのゼネラルマネージャーを退くようです。

激やせの心配もされており、体調面が非常に心配ではありますが、お身体に気をつけていただきたいです。

今後のご活躍を期待しています。