薮田和樹~母親は、離婚・目の病気・借金を乗り越えて兄弟を育てた

広島東洋カープの薮田和樹(やぶたかずき)投手。

今回は、薮田投手を苦労して育ててくれたお母さんを中心に、家族のエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

■実家は広島

薮田和樹投手の実家は、広島市東区。

広島市立矢賀小学校の2年生のときに野球を始め、広島市立二葉中学校時代には、シニアチームで活躍しました。

高校は実家を離れ、岡山理科大学附属高校に進学します。

1年生からベンチ入りし、1学上の九里亜蓮投手に続く有望株と目されましたが、故障に泣かされ、目立った成績は残せませんでした。

■実父は離婚

薮田和樹投手には、実父の記憶がありません。

薮田投手が1歳のとき、両親が離婚したためです。

そのため、薮田投手のお母さんは、女手一つで苦労しながら、子供たちを育ててくれました。

■母親の名前・年齢・職業は?

薮田和樹投手のお母さんの名前は、昌美さん。

年齢は、今年(2017年)で50歳になります。

母・昌美さんは、昼は保険の外交員、夜は弁当屋で働き、家計を支えました。

仕事で忙しかったはずですが、野球の試合にはいつも応援に来てくれたお母さん。

お金がかかる遠征にも無理して行かせてくれました。

しかし、家計はすでに借金で火の車。

お母さんが夜遅く一人で泣く姿を、薮田投手は2回見たことがあるそうです…。

■母は病気で目がかすみ髪が抜け落ちる

岡山の名門私立に進み、寮生活が始まった薮田投手。

母・昌美さんは、より高い収入を求め、タクシーの運転手をはじめました。

朝6時から翌朝6時まで、24時間勤務のハードワーク。

それでも月の収入は16万円で、うち8万円は寮費に消えていったそうです。

そんな生活は限界を超え、タクシーで事故を起こしました。

心労、借金、事故…お母さんは心身を病み、髪の毛がすべて抜け落ち、視力が低下してしまいます。

それでも昌美さんは、薮田投手には病気を隠し、かつらをかぶって応援に出かけました。

■兄は警察官に

薮田和樹投手にはお兄さんがいて、名前は佑樹さん。

お母さんの窮状を見かねたお兄さんは、薮田投手に実家の経済状態を話し、大学進学をあきらめるよう告げました。

薮田投手はショックを受け、大学をあきらめ、野球も辞める決心をします。

しかし、高校時代の恩師は、こう言って薮田投手を諭しました。

野球を辞めることはお母さんを裏切ることになる

結局、薮田投手は、奨学金を得て亜細亜大学へ進みます。

そんなとき、お母さんが運転するタクシーに、たまたま広島カープの松田オーナーが客として乗りました。

カープ女子でもあった昌美さんは、すぐに松田オーナーに気づきます。

息子が東京の亜細亜大学でピッチャーをやっているんです。速いボールを投げます。ぜひお願いします!

お母さんの必死の売り込みに対し、これもなにかの縁だと感じたオーナーは、

一度、亜細亜へ行って見てこい

とスカウトに指示。

結果的にこの一言がプロへの道を開くことになったのです。

ちなみに兄・佑樹さんは、地元広島で警察官になっているそうです。

■再婚の父親

薮田和樹投手のお母さんは、現在は再婚して、幸せをつかんでいます。

新しいお父さんの名前は、勝実さん。

広島入団時の仮契約には、昌美さんと共に勝実さんも出席。

薮田投手が初勝利のウィニングボールを母親に贈ると、

じゃあ僕には、200勝のボールでお願いします

とコメントするなど、楽しい親子関係を築いています。

■まとめ

心身の病で視力が低下したお母さんでしたが、現在は手術により回復しているそうです。

新しい父、警察官の兄、そして離婚・目の病気・借金を乗り越えた最愛の母のため、薮田和樹投手は勝ち続けなければなりません!