松井稼頭央・小坂との盗塁王争い!カツラ疑惑?バットの特徴は?

西武、メジャー、そして現在は楽天で活躍する「走・攻・守」3拍子揃った、松井稼頭央(まついかずお)選手。

今回は、松井選手の盗塁王、カツラ疑惑、バットの特徴について迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■小坂選手との熾烈な盗塁王争いについて

松井稼頭央選手が西武時代の1998年、ロッテの小坂選手とシーズン最終戦までもつれる盗塁王争いがありました。

西武が既に優勝を決め、ロッテも最下位が確定した中での直接対決。

消化試合の雰囲気が漂う中、盗塁王争いは、松井、小坂の両選手に絞られていました。

西武側は、

松井に盗塁王を取ってもらいたい…

と、小坂選手の盗塁を阻止しようと必死。

そんな状況で、小坂選手が一塁へ出塁します。

西武は、一塁牽制球をわざと悪送球して、小坂選手を二塁に行かせようとしました。

しかし、小坂選手は二塁へは行かず、一塁に止まります。

次に西武がとった行動は、わざとボークをして二塁へ行かるというもの…(>_<)

当時のロッテの監督が抗議するも聞き入れてもらえず、結局小坂選手は盗塁できませんでした。

結果は、松井選手、小坂選手の盗塁数が同じで、両者盗塁王になったのです。

松井稼頭央選手はこの結果に、どういう気持ちだったのでしょうか?

■松井稼頭央選手ってカツラ?

松井稼頭央選手は、テレビ出演時や会見時に

「あの髪の量はすごい!」「フサフサすぎる!」「なんとなく違和感が・・・」「もしかして・・・カツラ?」

といったように、髪型に注目が集まりました。

松井選手は、短髪ですっきりした髪型の印象があります。

そのイメージがあるので、違いすぎた感じが、カツラ疑惑になったのかもしれませんね。

天然パーマの人が髪を伸ばすと、ボリューム満点になり、カツラのように見えることがあります。

真相は、地毛である可能性が高いです。

どちらにしても、イケメンには変わりないですよね(*^_^*)

■松井稼頭央選手のバットの特徴

松井選手のバットは、素材がメイプルでメーカーはナイキです。

メイプル材は、堅くて重いため、扱いにくいと言われていますが、その反面、飛距離が出ます。

少年野球・草野球など、軟式野球では、松井稼頭央モデルのバットは人気があります。

松井選手は、スイングがコンパクトなので、バッティングのお手本にもなるのです。

■まとめ

40歳を超えてもまだ第一線で活躍する、松井稼頭央選手。

西武、メジャーでは内野手としてプレイしてきました。

楽天の途中から、外野手としてプレイするのは、試合に出場するため。

内野手としてのこだわりはあると思いますが、目的を達成するため、考えを変えることができる選手なのですね。

これからも、松井稼頭央選手には頑張ってもらいたいです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク