明石健志の実家…父と兄の影響で野球を始め、それを見守り続けた母

明石健志(あかし・けんじ)選手は、北海道旭川市出身、福岡ソフトバンクホークス所属のプロ野球選手です。

今日は、明石選手の実家などを紹介していきます。

スポンサーリンク

◆明石健志選手の実家は旭川?

明石健志選手の実家は、北海道旭川市にあります。

旭川と言えば冬はとても寒いと言う印象を受けますね。

中学時代までは実家のある北海道旭川市で過ごしました。

中学校時代には全国制覇しています。

明石選手にとって旭川は、特別な場所と言えます。

◆父と兄の影響で野球を始めた

兄に野球を教えていた父の影響を受けて、明石健志選手も野球を始めるようになります。

元々、素質が高かったのでしょうね、みるみる内に野球の腕前が上達していきます。

通常、野球を始めて上手くなるには時間がかかるものです。

しかし、父から兄同様にコーチをしてもらい、その素質はみるみる開花していきました。

そしていつの間にか、兄よりも野球が上手になっていました(゚д゚;)

この辺りはセンスを感じますね。

◆明石健志選手を見守り続けた母

兄弟で野球をやっていたので、母も大忙しです。

完全に裏方さんに徹していたようで、あまり、明石健志選手の母の情報は出てこないですね。

明石選手くらい活躍されると家族が注目されてもおかしくはないのですが・・・。

◆兄と父と一緒に野球を取り組んだ

最初に野球を始めたのは兄。

当然と言えば当然ですが・・・

兄のコーチを熱心にする父の姿と兄の姿を見た健志少年が

自分も野球をやりたい!

と、思ったのは自然の流れかも知れません。

旭川の冬は寒いですが、とてもアットホームな家族だったようです。

兄と切磋琢磨して野球がドンドン上手になっていったようです。

当時のライバルは兄だったかも知れないですね。

◆年に1度は実家に帰省?

明石健志選手は福岡ソフトバンクホークスの選手ですから、シーズン中は福岡にいる事が多いです。

北海道日本ハムファイターズ戦の時は札幌までは行きますが、旭川まで行く余裕はありません。

その為、帰省できるのは年に1度くらいではないかと思います。

実家と言うのは格別なものがあります。

今季(2017年)はリーグ優勝した福岡ソフトバンクホークス。

クライマックスシリーズを無事突破し、日本シリーズに進出した際は、父・母・兄を球場に招くかもしれないですね。

◆まとめ

明石健志選手は父と兄の影響で野球を始め、プロ野球選手まで登りつめました。

今では福岡ソフトバンクホークスに欠かせないスーパーサブです。

今後は、FA権を取得しても福岡ソフトバンクホークスに残留する可能性が高いと思います。

文●giantsv9

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク