明石健志の高校時代…甲子園への出場歴は?これまでの成績は?

明石健志(あかし・けんじ)選手は、福岡ソフトバンクホークスを代表するサブプレイヤーです。

今回は、そんな明石選手の高校時代を振り返ります。

スポンサーリンク

◆高校はどこ?

明石健志選手は、高校から地元北海道を離れ、山梨学院大学附属高等学校に進学しています。

中学時代全国制覇の中心メンバーですから、北海道内外の強豪校から誘いは多かったと思います。

そんな明石選手が悩みに悩み出した結論が、山梨学院大学附属高等学校への進学です。

それまで、地元にいましたから、多少の不安はあったと思います。

しかし、野球を高いレベルで出来る喜びを選んだということなのでしょう。

◆明石健志の高校時代

明石健志選手は、山梨学院大学附属高等学校で、セカンドにコンバートされました。

鈴木英夫監督の

「守備の基本はセカンド」

と言う信念の元でのコンバートです。

もっとも、ポテンシャルが高かったからこそのコンバートであり、かなりの期待を込められていました。

この頃から小技が得意で、決勝スクイズなどを決めています。

長打力はありませんが、非常に野球センスが高い選手でした。

◆甲子園出場は?

明石健志選手は山梨学院大学附属高等学校時代、春夏を通して甲子園出場を果たしていません。

しかし、その野球センスはプロも注目の選手でした。

高校時代のチームメートには、楽天や横浜で活躍した内村賢介選手がいました。

このメンバーで甲子園出場経験がないのが不思議なくらいです。

それだけ甲子園と言うのはハードルが高いです。

夏の地方予選では1度の負けも許されない、非常にシビアな世界です。

そこをしっかり乗り切った高校だけが夢舞台に立てるのです。

◆福岡ソフトバンクホークスから4位指名

明石健志選手は甲子園出場経験がありませんが、その素質を高く評価していた福岡ソフトバンクホークスからドラフト4位指名を受けました。

念願だったプロ野球選手になれましたが、後は、ここから1軍で生き抜く為の努力が必要です。

なにか一つ武器が欲しい中での明石健志選手のセールスポイントは、堅実な守備と俊足。

長打は完全に捨てています。

◆気になるプロでの成績は?

明石健志選手がプロのキャリアで規定打席に到達したのは、2012年の1度だけです。

飛びぬけた成績を残した年はありません。

しかし、明石健志選手のセールスポイントは堅実な守備。

守備固めでチームの危機を救ってきました。

また、バッターとしては、ここぞという時の勝負強さがあります。

◆まとめ

明石健志選手は、福岡ソフトバンクホークスのスーパーサブとして活躍しています。

貴重な場面での送りバントなどがしっかりできており、こういった小技は意外と重要です。

そして堅実な守備。

明石選手は守備固めで起用される事が多く、長打は完全に捨てています。

今後も、福岡ソフトバンクホークスのスーパーサブとして活躍する事でしょう。

文●giantsv9

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク