山田健太(大阪桐蔭)の『家族』~兄も甲子園出場!出身中学校は?

大阪桐蔭高のミレニアム世代の一角、山田健太選手。

今回は、そんな山田選手を取り巻く『家族』にスポットを当て、ご紹介します。

【本人プロフィール】
名前:山田健太(やまだ・けんた)
生年月日:2000年7月19日(18歳)※2018年8月現在
身長/体重:183cm/83kg

スポンサーリンク

◆兄は豊川高校で甲子園に出場

山田健太選手にはお兄さんがいて、名前は山田大地さん。

年齢は山田選手より4歳年上になります。

兄・大地さんも野球選手で、高校時代は愛知・豊川高校の野球部に所属。

3年時の2014年春、豊川高校はセンバツ甲子園大会に出場し、大地さんもレフトとして出場しました。

ちなみにお兄さんは174cm/68kgという体格なので、山田選手より小柄な印象がありますね。

しかしそこは初出場校の野球部なので、チーム内で特に小柄だったということはありません。

◆兄は現在、皇学館大学の野球部

山田健太選手の兄・大地さんを擁する豊川高校は、春夏合わせて甲子園初出場ながら、日本文理、池田、沖縄尚学を次々と破り、ベスト4に進出。

しかし準決勝で履正社に敗れ、快進撃はベスト4どまりとなりました。

山田選手はこの時の兄・大地さんの活躍を見て、甲子園に強く憧れたと言います。

履正社のライバル校である大阪桐蔭を選んでいるのも、自然な流れなのかもしれませんね。

兄・大地さんは現在、皇学館大学教育学部の4年生で、野球部に所属されているようです。

◆実家は愛知

山田健太選手は、愛知県稲沢市の出身。

稲沢市立千代田小学校時代に『東築ライオンズ』で野球を始めました。

『東築ライオンズ』は、名古屋市港区にある軟式少年野球チームなので、稲沢市から20kmくらいでしょうか。

送り迎えが大変だったかもしれませんね。

◆出身中学校は?

小学校を卒業した山田健太選手は、稲沢市立千代田中学校へ進学します。

中学校の部活には入らずに、硬式の『東海ボーイズ』に所属。

『東海ボーイズ』は1979年創設の名門で、中日ドラゴンズの大島洋平(おおしま・ようへい)選手ほか多数の選手を甲子園出場校へ送り出しています。

山田選手はこのチームで、中学校2年生の時に全国制覇を成しとげ、3年生の時には日本代表に選ばれ、世界少年野球大会で優勝しました。

◆まとめ

これまで見てきたとおり、山田健太選手の活躍の陰には、温かく支えてくれた『家族』の姿がありました。

これからも家族の応援を胸に、山田選手の挑戦は続いていきます(^o^)丿

《大阪桐蔭高の家族》

スポンサーリンク
レスポンシブ




レスポンシブ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レスポンシブ




コメント

  1. […] 山田健太(大阪桐蔭)の『家族』~兄も甲子園出場!出身中学校は? […]