工藤公康の実家を紹介…父母との関係は?男ばかりの5人兄弟!

投げては四球団を渡り歩き、優勝請負人として通算200勝超えの大投手。

監督としても3年間で2度のリーグ制覇を成し遂げた、ソフトバンクホークス「工藤公康(くどう・きみやす)」監督。

今日は、そんな工藤監督の育った環境にスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

■生まれ育った実家はどこ?

工藤監督は1963年、愛知県豊明(とよあけ)市出身。

豊明市といえば織田信長と今川義元との合戦「桶狭間の戦い」が行われた地であることでも有名ですね。

工藤監督はこの豊明市で市のバス運転手をしていたお父様のもと、工藤家の三男として生を受けました。

お父様は熱狂的な巨人ファンで、趣味も草野球だったとのこと。

自身が草野球で捕手を務めていたこともあり、工藤監督や監督のご兄弟達とキャッチボールをよくやっていた様です。

幼少期から工藤監督は、ご兄弟の中でもずば抜けた野球センスを見せていたようです。

今考えればこのキャッチボールが名投手「工藤公康」の原点なのかも知れませんね。

ちなみに、工藤監督が2歳の時にご両親は離婚…

その後お父様は自身が再婚されるまでの間、男手一つで監督とお兄様達を育てています。

■父母との関係は?

上述の通り、工藤監督が2歳の時にご両親は離婚されています。

その後お父様が再婚されるまでの間、お一人で工藤監督含め3人の子どもたちを育てていたとの事ですが、生活はあまり裕福ではなかったようです。

お父様は工藤監督がまだ幼い頃に再婚。

再婚相手の方にも連れ子がおり、更にその後お父様との間に一子が誕生しているとのことでした。

工藤監督は7人の大家族の中で育ったということですね。

また、お父様はかなり躾に厳しい方だった様で、工藤監督もあまり幼少時やご両親の事を語るシーンは少ないみたいです。

工藤監督のお父様は、監督がプロ入りしてからは名古屋に転居。

晩年はご自身の出生地である宮崎県の延岡に移住し、今から数年前に亡くなられています。

こうした家庭環境の為か、お母様とのエピソードがメディアで紹介された様子もありませんでした。

■工藤監督の兄弟は?

工藤監督は工藤家の三男として誕生。

監督のご兄弟も野球をやっていたらしいですが、お父様が野球に対してかなり厳しい指導をされる方だったという事もあり、ご兄弟は皆さん途中で野球の道を諦められています。

ご兄弟が野球を辞めていく中、工藤監督は厳しい指導にもめげず野球を続け、200勝を達成する大投手にまで成長します。

■まとめ…

選手として200勝、監督としても2度のリーグ優勝を成し遂げた工藤監督。

工藤監督が育った環境は決して恵まれていたとは言えないようですが、それでもこの環境が後に名投手・名監督となる工藤監督の礎を作ったようですね。

□編集後記

奥さんの指導もあり、すっかり健康オタクとなった工藤公康監督。

現在は酵素のサプリメントを愛用しているそうです。

【約1ヶ月分】工藤公康さんが愛用!5年連続ベストサプリメント賞受賞の生酵素食品 OM-X Premium [カプセルタイプ]]【20P12Oct15】【「あす楽」対応】

サプリの効果か、

ここ何年も朝から快チョー!

ということで、変われば変わるもんですね…(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク