千賀滉大の意外な高校時代!?当時の成績・夏予選・身長を徹底調査!

2017年WBCの日本代表に選抜され、大活躍した千賀滉大(せんがこうだい)選手。

最速156㎞/hの速球と落差の大きいフォークを武器に、今や日本を代表するピッチャーです。

そんな千賀選手の高校時代が、プロ野球選手としては少し意外なものだったんです。

そこで今回は、千賀滉大選手の高校時代に迫ります!

スポンサーリンク

■高校時代の成績は?

千賀滉大選手は、地元の愛知県立蒲郡高校を卒業しています。

あまり聞き慣れない高校ですが、なんと千賀選手は、高校では野球をやるつもりがなく、この高校に入学しました。

それが、1回練習に行ったときにチームの中で誰よりも投げたボールが速かった為、その場の流れでピッチャーをやる事になり、入部したのだとか。

中学生までは、三塁手だった千賀選手ですが、もともとピッチャーの素質があったんですね。

高校での成績はというと、1年生から公式戦に登板し、2年生からはエースとして活躍するも、甲子園出場はありません。

2年秋から3年の春は、故障に悩まされ公式戦の登板もありませんでした。

■高校時代の夏予選は?

千賀滉大選手が3年生になる頃には、球速も増しMAX144㎞/hをマークするようになっていました。

しかし、3年生最後の夏の地方大会では3回戦で敗退してしまいました。

ここまで書いてきたように、高校時代の千賀滉大選手は、ほとんど無名の選手で、プロのスカウト陣から注目されることもありませんでした。

では、なぜ千賀選手はプロ入りする事になったのでしょうか。

実は、そこにも驚きの経緯がありました。

千賀選手の地元のスポーツ用品店の経営者が、ソフトバンクホークスのスカウト部長と知り合いだったそうです。

その経営者の勧めもあり、千賀選手はドラフト育成枠でプロ入りする事になったのです。

何か運命的なものさえ感じるエピソードですが、やはり見る人が見れば、千賀選手のピッチャーとしてのセンスは、光るものがあったという事ですね(^^)/

■身長が伸びたことで球速が上がった!?

現在の千賀滉大選手の身長は186㎝です。

高校入学時の身長は明らかになっていませんが、身長が伸びるにつれ球速が増していったそうです。

その長身から投げ下ろされる速球と、落差の大きいフォークが千賀選手の持ち味。

特にフォークボールは「お化けフォーク」と呼ばれていて、大魔神・佐々木投手の再来とまで言われています。

また、千賀選手の投球の秘密は、身長だけでなく関節が非常に柔らかいんです。

もともと柔らかかったのですが、他の選手よりも柔軟に時間をかけているのだとか。

その柔軟な肘関節が生み出す「しなり」が、千賀選手のスピードボールの秘密なんですね!

■まとめ

プロ野球選手としては、異色の経歴を持つ千賀滉大選手。

高校生になっても、プロに注目されるような選手ではありませんでした。

しかし、ピッチャーとしての素質を充分に持っていた千賀選手は、地元スポーツ店の店主に縁を繋いでもらい、プロ入りする事になります。

その後、持ち味の速球とフォークに磨きをかけ、日本を代表するピッチャーにまで成長しました。

経歴がどうであれ、千賀滉大選手はプロ野球選手に成るべくして成ったのだと強く感じます。