田中広輔が巨人の誘いを拒否した真相とは?ドラフ3位で広島入団!

田中広輔(たなか・こうすけ)選手は、広島東洋カープの頼りになる核弾頭!

【たなきくまる】の一角を担っています。

スポンサーリンク

◆好条件の巨人を入団拒否した理由?

田中広輔選手は巨人のエース菅野智之(すがの・ともゆき)投手と共に、東海大相模高校→東海大学と7年間もチームメイトでした。

巨人と関係が深い、東海大学出身。

田中選手が巨人の誘いを断り入団拒否を伝えたのは、出場機会を求めての事でした。

田中広輔選手のポジション「ショート」には、不動のレギュラー坂本勇人(さかもと・はやと)選手がいます。

ショートで勝負をかけたい田中広輔選手にとっては、コンバートされるのが嫌だったでしょう。

みんながみんな巨人を良いという訳ではありません。

ドラフト前には、巨人も熱心に誘っていましたが、最終的には

指名されても入団はしません

と拒否したのが真相です。

巨人から指名を待つ選手もいれば、入団拒否をする選手もいます。

今のプロ野球は、セ・リーグもパ・リーグも盛り上がり、各球場にたくさんのファンが訪れるようになりました。

結果的に巨人に入団拒否の姿勢を見せた事で、巨人は指名を見送り、他の選手の獲得に乗り出しています。

◆【たなきくまる】

田中・菊池・丸の上位打線の先頭打者を務めるのが、田中広輔選手です。

非常にバッティングセンスが良く、俊足のプレイヤーでもあります。

今シーズンはほぼ、盗塁王のタイトルを手に入れたといっても良いでしょう。

普通のチームなら硬くなる初回のノーアウト1塁のシーンでも菊池が送ると見せかけてバスター、スチールをすることもあります。

この車輪の一角を担っているのが田中広輔選手です。

守備力も年々向上し、非常に良いプレイヤーに育っています。

◆ドラフト3位でカープに入団

田中広輔選手は、巨人が指名を見送った事もあり、広島東洋カープがドラフト3位で獲得しました。

契約金7000万円・年俸1100万円の条件で合意しました。

ドラフト会議というのは、選手の命運を握っている舞台です。

各チームもドラフトで良い選手を1人でも多く獲得したいですからね。

そう簡単にドラフト戦略がうまくいかないのも面白いところです。

◆まとめ

田中広輔選手が巨人を入団拒否した理由は、出場機会を求めたからです。

そして、プロでも「ショート」で勝負をしたかったので、巨人に入団するとコンバートされる可能性が高いと判断し、巨人にはドラフト前に断りを入れています。

その甲斐あってか、広島東洋カープにドラフト3位で指名され、今では欠かせぬ先頭バッターとなりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク