清宮幸太郎の実家が凄い!父・母は離婚している?弟の中学はどこ?

2017年夏の高校野球で、最も注目を集めていた早稲田実業の清宮幸太郎(きよみやこうたろう)選手。

残念ながら、西東京大会の決勝で敗れてしまい、その姿を甲子園で見る事は出来なくなってしまいました。

今回は、怪物・清宮選手のルーツである家族について調べてみました!

スポンサーリンク

■トレーニングルーム完備の実家に、父は早稲田大学のラグビー部出身!?

現在、清宮幸太郎選手の実家は四ツ谷にあります。

もともとは江東区にあったそうですが、そこでは清宮選手の練習場所が確保できないという理由から、地下に練習用スペース完備の実家を建てたというから驚きです。

そんな、清宮選手を全面的にバックアップしているのは父・清宮克幸さんです。

父・克幸さんが、元ラガーマンというのは有名ですよね。

早稲田大学のラグビー部出身で、同校の監督を経て、現在は社会人実業団チーム「ヤマハ・ジュビロ」で監督をしています。

父・克幸さんの影響で、清宮選手も幼い頃はラグビーをしていました。

しかし、2006年夏の甲子園決勝・早稲田実業vs 駒大苫小牧戦を見て野球を始め、当時からセンスはずば抜けていたそうです。

■母の離婚疑惑!?

清宮選手の母・幸世(さちよ)さんが、父・克幸さんと離婚しているという噂がありますが、これは全くのデマです。

母・幸世さんは「フードマイスター」の資格を持っていて、清宮選手の栄養面をしっかりとサポートしています。

また、清宮選手が高校1年生の夏に甲子園に出場した際には、準決勝までの全試合を夫婦揃って観戦している姿が目撃されています。

実は、父・克幸さんだけでなく、母・幸世さんも学生時代はスポーツマンだったことが分かっています。

慶應義塾大学ではゴルフ部の主将を務め、高校時代には野球部のマネージャーをしていたのだとか。

さらに、清宮選手が左打ちなのは、母・幸世さんのアドバイスだそうです。

■弟の通う中学は?

清宮選手には、4つ下の弟・福太郎くんがいます。

弟の福太郎くんも野球をやっていて、リトルリーグ世界大会でホームランを放つなど、清宮選手にも負けない大物ぶりです。

来年から高校生になるという事で、弟・福太郎くんの進路が気になるところですが、現在は、清宮選手も卒業している早稲田実業の中等部に通っています。

尊敬している人は兄

と公言するほど、清宮選手を慕っている弟・福太郎くん。

高校も、兄である清宮選手と同じ早稲田実業の高等部に進む可能性が高そうです。

まだまだ「清宮フィーバー」は続きそうですね(^^)/

■まとめ

今年の夏、清宮選手が高校通算本塁打の最多記録を更新する日を、日本中が待ち望んでいました。

西東京大会・準々決勝の八王子戦で最多タイの107号を放つも、あと1本が出ませんでした。

しかし、清宮選手の高校野球はまだ終わっていません。

9月に開催されるU18ワールドカップの日本代表候補に選ばれており、メンバー入りすれば本塁打記録の更新も期待できます。

甲子園が終わっても、まだまだ清宮選手から目が離せないようです(^O^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク