小林公太・DeNA戦力外+インディアンス解雇=片岡安祐美とは順調

2010年から2012年まで、横浜DeNAベイスターズに在籍していた、小林公太(こばやしこうた)さん。

今回は、横浜DeNAベイスターズの在籍時代、インディアンス解雇、片岡安祐美さんとの交際について迫ります。

スポンサーリンク

■DeNAベイスターズ時代

2009年9月、横浜DeNAベイスターズの入団テストを受験し、見事合格した小林公太さん\(^o^)/

10月29日のプロ野球ドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズの育成枠2巡目の指名を受け、契約にいたりました。

育成選手として、3年間、横浜DeNAのファームチームにいましたが、大きな故障がなかったにも関わらず、登板機会に恵まれませんでした。

2012年10月2日に球団から戦力外通告を受け退団します。

公式戦出場経験はありませんでした。

■インディアンス解雇の理由

2013年6月に、アリゾナリーグ・インディアンスでプレーをしていた小林公太さん。

約1ヶ月後の7月11日に突然解雇されます(>_<)

小林公太さんは、Twitterにて、

本日インディアンスから解雇されました。理由は言いたくありませんが、ほんとにしょうもない理由で解雇されました。こんなことを言うのはあれですが、憧れていたメジャーの組織に入れたのに、ガッカリしています。マスコミは絶対報じないような裏の事ですが、信じられないです。

とコメント。

このTwitter上でのコメントに、

「理由はなんだったのか?」

とインターネット上で話題となっていますが、真相はわからず終いです。

■小林公太さんと片岡安祐美さんの交際

萩本欽一さんが創設したクラブ野球チーム「茨城ゴールデンゴールズ」の選手兼監督を務める片岡安祐美さん。

2017年1月に、安祐美さんは公式ブログにて、小林公太さんと交際していることを報告しました。

交際のきっかけは、2015年夏に共通の知人の紹介で食事に行ったこと。

つきあって1年半ほどとなるそうですが、2017年のお正月は、熊本の片岡さんの実家で過ごすなど、真剣な交際が続いています。

野球経験があり、真剣に野球に打ち込む片岡さんに理解がある点が、長続きしている秘訣だそうです(*^_^*)

■まとめ

横浜DeNAベイスターズでは、公式戦に出場経験がなかった小林公太さん。

海を渡り、アリゾナリーグ・インディアンスで活躍しますが、約1ヶ月で解雇されてしまいました。

プロ野球の世界の厳しさを痛感する小林さんの経歴ですが、プライベートでは、片岡安祐美さんと交際は順調。

まだ若いので、野球での再起を期待しています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク