李大浩(イ・デホ)嫁と子供について。阪神の年俸と韓国の実績は?

ソフトバンク、オリックスで活躍した韓国のスーパースター、李大浩(イ・デホ)選手。

今回は、イ・デホ選手の横顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■嫁は美人で有名?子供の存在は?

イ・デホ選手のお嫁さんは、韓国人女性で、ヘジュンさんといいます。

とても美人です!大恋愛の末結婚したそうですね。

家族3人で日本へ来ましたが、来た当初は色々大変だったそうで、一番大変だったのは日本語が話せなかったこと(T_T)

異国の地でプレイすることは、想像もつかないくらいの苦労があるのでしょう。

イ・デホ選手は、子供が目一杯遊べる環境の自宅を借りて、奥さん、子供のストレスがないようにと考えました。

また、家では、子供が無邪気に遊ぶ姿に癒されていたそうです。

イ・デホ選手が愛妻家であることは有名ですよね。

■阪神の狙いは、マギー?イ・デホ?真相は?

阪神は、来季の新助っ人候補として、元楽天のマギー選手の獲得を目指していました…が断念しました。

そこで白羽の矢が立ったのが、マリナーズからFAとなったイ・デホ選手です。

内野手で右の大砲を望む阪神としては、日本での実績がある選手が、喉から手が出るほどほしいのです。

イ・デホ選手クラスになれば、他球団もほしいと考えます。

「阪神タイガースの李大浩!」

甲子園球場で活躍する姿をみたい気がしますね。

■日本での年俸と韓国での実績は?

《日本での年俸》

2012年 2億5000万円(オリックス・バファローズ)
2013年 2億5000万円(オリックス・バファローズ)
2014年 4億円     (福岡ソフトバンクホークス)
2015年 5億円     (福岡ソフトバンクホークス)

日本のプロ野球界では、トップクラスの年俸になります。

《イ・デホ選手の韓国での実績》

2006年 三冠王に加えゴールデングラブ賞
2010年 三冠王に加え、最多安打、出塁率、長打率でもトップを獲得

2度三冠王に輝いたのは韓国リーグでは初です。

阪神タイガースでの年俸はどうなるのでしょうか?

■まとめ

イ・デホ選手は、韓国の釜山の生まれです。

幼少時代は、父を早くに亡くし、母とは別居で、祖母に育てられたそうです。

このような環境で育ったからこそ、家族をとても大事にするのかもしれませんね。

高校では、投手で4番打者をつとめ、チームの中心選手でした。

当時の周りの人は、「野球センスの塊」だと言っていたそうです。

今季はマリナーズに在籍していましたが、日本球界復帰を本人は望んでいるとの事です。

ちなみにイ・デホ選手は「ガンダム」が好きという一面を持っています(^^)