西川愛也の身長はどれくらい?怪我していた個所は完治?肩は大丈夫?

西川愛也(にしかわ・まなや)選手は、今年の夏、全国制覇をした花咲徳栄高校の中心メンバーです。

スポンサーリンク

◆身長はどれくらい?

西川愛也選手のプロフィールを見ると、身長は180センチです。

プロ野球選手になれば、ちょうど標準サイズの選手と言えるでしょう。

プロ野球の世界では同じ180センチの身長の選手でも、非常に筋肉が発達している選手も多いです。

要するに身長がすべてではないと言う事です。

身長が180センチあっても非力では、プロの世界では通用しません。

今年のドラフトは“清宮一色”ですが、西川愛也選手もドラフト1位レベルの選手です。

◆怪我していた箇所は完治した?

西川選手は、2016年5月に右大胸筋を断裂する怪我を負っています。

その後、手術をしてしっかりと完治しており、今では故障の影響は全く感じさせません。

今年の夏の甲子園での活躍を見ても、故障の影は微塵も感じませんでした。

流石は1流プレイヤーですね。

足も非常に速く、バランスの取れた選手です。

ドラフト会議では1本釣りを狙ってくる球団があってもおかしくはありません。

高校野球の選手としては、かなり高いレベルで完成した選手です。

これも努力の賜物と言って良いでしょう。

◆肩は大丈夫?

西川愛也選手は、怪我の影響でしばらくが上がらなくなり心配されていましたが、今では完全に完治しています。

肩は守備についた際に重要な要素になってきます。

現在は怪我の影響もありませんから、肩への影響は皆無と言っても居でしょう。

野球は打って守って走って…すべてが出来て1流選手です。

打力・走力は、これから鍛えればプロでも十分に通用します。

後はプロレベルになると、肩に若干の不安もありますが、問題はないでしょう。

◆甲子園で打ちまくった西川愛也選手

今夏の甲子園で見事頂点に立った花咲徳栄高校。

その優勝への大きな原動力になったのが、西川愛也選手です。

足も速く、バッティングセンスは高校生離れしたものがあります。

元々、スカウトの評価が高い選手でしたが、甲子園と言う大舞台でも活躍し、強心臓ぶりをアピールしました。

結構、甲子園で委縮してしまう選手は多いです

それだけ、高校球児に取って甲子園は憧れの聖地と言えます。

◆まとめ

西川愛也選手は、今年のドラフト会議で間違いなく上位で消える選手です。

特に非凡なバッティングセンスを買う球団が多いですね。

また、足も大きな魅力です。

守備も悪くありませんし、Aランクの選手であることは間違いありません。

後は、どこの球団が指名するか…ですね。

◇編集後記

西川愛也選手の活躍もあり、埼玉県勢として初の甲子園制覇を達成した、花咲徳栄高校。

栄冠を記念して、グラフが出版されています。

花咲徳栄埼玉県勢初V 第99回全国高校野球選手権大会優勝記念グラフ

県大会から甲子園大会までの全試合を、豊富な写真やテーブルスコア、戦評にて紹介。

岩井隆監督への密着取材から、花咲徳栄の強さの秘密も分析されています(^_-)

《西川愛也選手の記事!》

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク