桑田真澄の【高校時代】当時の逸話って?評価は?勉強家ってホント?

PL学園高校時代、清原和博氏とともに数々の伝説を残した、桑田真澄(くわたますみ)氏。

桑田真澄氏の高校時代を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

■桑田真澄氏・高校時代の逸話とは?

高校2年生、夏の甲子園、準決勝。

金足農業高校(秋田)に7回に1点勝ち越され、8回の裏、清原和博氏がフォアボールで塁に出て、2アウト1塁。

次にバッターボックスに立ったのは、桑田真澄氏。

そして桑田氏はなんと逆転の2ランホームランを打ったのです!\(^o^)/

この大会は、残念ながら決勝戦で取手第二高校(茨城)に延長戦の末に負け、この春のセンバツに続き、準優勝という結果になりました。(>_<)

取手第二高校は、茨城県勢初の全国制覇となりました。

投手でも活躍し、打者でも活躍し、まさに二刀流としても逸話を残した桑田真澄氏!

高校野球史上に残る名選手だったことに間違いありません。(^_-)-☆

■高校時代の評価はどうだったの?

これだけスゴイ選手である桑田真澄氏ですが、PL学園高校入学当初の評価は、高くなかったそうです。

守備は外野。

練習時間中、球拾いをさせられていた時期もあったのだとか。

桑田真澄氏の才能に気づいたのは、臨時投手コーチである清水和夫氏だったそうです。

桑田真澄氏の、外野からの返球を見てピッチャーに戻したのだとか。

下半身の強化など、清水コーチから徹底した指導を受け、1年生の夏にはベンチ入りを果たしました。

桑田氏の才能を見つけてくれてありがとう!\(^o^)/

もし見つけてくれなかったら、桑田真澄氏、KKコンビを甲子園でみることができなかったかと思うと、ゾッとします。(>_<)

KKコンビ伝説、幕開けにバンザイ!

■高校時代は勉強家だった?

桑田真澄氏は努力家で有名です。

高校時代も熱心に勉学に励んでいたそうです。

部活で忙しいのにもかかわらず、授業中熱心に受けていたとのこと。

一方、清原和博氏はというと、

どうせ野球選手になるのだから勉強は必要ないだろう!

と開き直って授業中は睡眠に費やしていたそうです。(^▽^;)

なんだか、お2人ともイメージ通り~!といったところでしょうか。

■まとめ

桑田真澄氏は、高校1年生当初の評価が低かったものの、臨時投手コーチにより才能を開花させ、なんと甲子園を5回経験しています。

投げてよし、打ってよしだった桑田氏は、フィールディングもピカイチだったと評価されています。

また勉強家だったことから、頭脳派のピッチャーとしてプロ入り後も活躍されました。

評論家や野球解説者として現在も野球界でご活躍されています。

子どもたちに、野球を教えてくれたりもしているようですね。(^_-)-☆

◇編集後記

2002年、日本シリーズでライオンズを下して日本一となったジャイアンツ。

原監督の発案で、フランク・ミュラーに特注してチャンピオンウォッチを製作しました。

フランク・ミュラー FRANCK MULLER カサブランカ サハラ 6850CASA SAHARA 【新品】 時計 メンズ

実際の桑田さんの時計には、盤面に

“GIANTS 2002 CHAMPION”

の文字と、シリアルナンバー“18”が刻み込まれています(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク