吉川尚輝・イケメン内野手の彼女と将来構想?亜細亜大学で何が?

2016年のドラフトで、読売ジャイアンツ1位指名となった、吉川尚輝(よしかわなおき)選手。

今回は、そんな吉川選手の将来構想を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

■イケメン内野手の彼女は?吉川選手の将来構想を考えてみました■

今、現在 吉川尚輝選手に彼女がいるとの情報はありません。

高校時代は、寮生活で野球漬けの毎日ですから、彼女をつくる余裕なんてないのかもしれません。

大学時代は、1,2年生の時は、授業、バイト、野球…

3,4年の時は、野球に専念していました。

大学時代でも、彼女をつくる余裕はありませんね(>_<)

これから色々な素晴らしい女性とめぐり合うことでしょう。

何と言っても、ジャイアンツのドラフト1位の選手ですからね。

img_1936

吉川選手の本職は、遊撃手になります。

しかし、ジャイアンツの遊撃手と言えば、坂本選手がいるため、吉川選手は2塁手として出場することになるでしょう。

そうすると、坂本選手とのイケメン二遊間コンビが完成\(^o^)/

これだけで、女性人気が出そうです。

女子アナとのお付き合いが、数年後報道されそうな予感ですね。

■亜細亜大学野球部の真相■

亜細亜大学野球部は、大学野球の中でも名門学校として名が通っています。

しかし、野球部は、軍隊並みの厳しさでも有名です。

練習時間、練習内容、寮生活での規律など、すべてにおいて厳しいです。

そのこともあり、毎年、退部をしていく人がたくさんいます。

亜細亜大学の野球部に入部する人は、甲子園出場経験がある人、強豪校と呼ばれる学校で主力としてプレイしてきた選手ばかりです。

そんな人達でも退部をしてしまうくらい厳しいのでしょうね。

吉川尚輝選手は、亜細亜大学に進学することが決まっていました。

でも、高校3年の2月に、亜細亜大学野球部の沖縄合宿に参加した時、

自分には合わない…

と判断して、合宿途中で帰宅。

その時に、野球は辞めようと思ったそうです。

しかし、回りからの説得を受け、中京学院大学の野球部に入ることを決めたのでした。

■まとめ■

吉川尚輝選手は、高校時代に全国甲子園大会の出場はありません。

大学も名門と呼ばれる学校に入学予定でしたが、練習や生活に馴染めず入学辞退しています。

普通、一般的に考えれば、プロ野球選手になる為のレールからは外れています。

しかし、読売ジャイアンツの一巡目指名でプロ野球選手になりました。

人生のめぐり合わせと言うのでしょうか?

運も実力の内なのでしょうか?

それとも、なるべきしてプロ野球選手になったのでしょうか?

王道と呼ばれるレールを歩み続け、プロ野球選手になった人よりも、何故か応援したくなるのは私だけでしょうか?