松田宣浩・実家は競馬で有名、父親も兄弟も甲子園出場!母親は?

「マッチ」の愛称でファンから親しまれる、福岡ソフトバンクホークスの松田宣浩(まつだのぶひろ)選手。

そんな松田選手の少年時代について、家族構成を中心に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

■実家は競馬のトレセンで有名な場所の近く

松田宣浩選手の実家は、滋賀県草津市にあります。草津の隣に栗東があります。

栗東には、競馬のトレセンがあることで有名です。

中学のときは、栗東の硬式クラブチームに所属していて、同級生の父親がトレセンで働いている人も多くいたそうです。

練習場もトレセンの近くにありました。

そうなると、競馬に関しての何らかの影響って受けると思います。

例えば、調教師になりたいとか、騎手になりたいとか・・・

しかし、松田宣浩選手は、まったく思わなかったそうですね。

いつも日曜日の3時からテレビでやっているイメージしかなかったみたいです(-_-)

■父親も野球選手?母親はどんな人?

松田宣浩選手の父親は、甲子園出場経験を持つ高校球児だったそうです。

その父親の影響で、松田選手は小学校2年生のときに野球を始めました。

甲子園にまで出場した実績があるくらいなので、相当野球は上手だったに違いありません。

母親に関してのエピソードは、松田選手が頭部にデットボールを受けた際、母親は家にあるヘルメットを実際に自分でかぶって軽く叩き

これだけでも衝撃があるのだから、速球を受けたら凄いのでしょうね

と父親に話したそうです。

松田宣浩選手の「天然の明るさ」は母親譲りなのでしょう( ◠‿◠ )

野球の能力は父親譲りですね。

■兄弟も野球選手?

松田宣浩選手には、双子の兄がいて、お兄さんも野球をしていました。

同じ高校で、2年のとき揃って甲子園に出場しています。

兄がピッチャー、弟がショートです。

当時の監督によると、能力はお兄さんの方が上だったそうですね。

足が速く、肩も強く、天性のホームランバッターでした。

お兄さんは、高校卒業後は社会人野球で活躍していました。

松田選手の最初のライバルは、兄だったということです。

■まとめ

松田宣浩選手は、野球一家だったのですね。

小学2年で野球を始め、中学で硬式のクラブチーム、高校は地元を離れての野球留学です。

大学では、名門の亜細亜大学で野球をしてプロ野球へ、そして、今では、ソフトバンクの中心選手です。

実力だけでなく、明るい性格でファンからもチームメイトからも親しまれています。

育った環境が松田宣浩選手をつくりあげたのでしょうね。

今後の松田宣浩選手の活躍に期待しています。