福田永将の彼女は?戦力外の噂の選手からホームランバッターへ!

中日ドラゴンズの福田永将(ふくだのぶまさ)選手。

横浜高校時代はキャッチャーを務めていたので、2006年の入団当初はキャッチャーとしてプロ入りしました。

しかし打撃のセンスを買われ、現在中日ドラゴンズでは長距離打者として活躍中。

波乱万丈、打撃センスバッチリの元キャッチャー。

天才、福田選手の素顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■福田選手の彼女はどんな人?

福田永将選手は、20代後半とお年頃。

気になる彼女を探っていたら、実は2014年に結婚していました。

2015年は福田選手開花の年でもあったので、その原動力は奥様なのかもしれませんね(^o^)丿

2016年シーズンは、後半4番に定着するなどの活躍がありました。

ホームランも2桁。

そして契約更改では、1500万円から50%増の2250万円でのサインとなりました。きっとご家族のためにと奮起したのでしょうね。

結果が出せて良かったですね。

■戦力外通告の話があったってホント?

2015年が福田永将選手の覚醒の年となりましたが、実は以前、戦力外候補にあげられていたことがあったという噂が。

中日ドラゴンズにドラフト3位で入団した福田選手ですが、キャッチャーで入団したものの、落合監督の指示もあり野手へコンバート。

しかし1軍で試合経験することはほとんどなく、2軍での野球生活を余儀なくされてしまいます。

img_1934

2軍では4番打者として活躍していましたが、1軍に上がるチャンスがあっても、なかなか結果がついてきませんでした。

入団して以来1軍と2軍を行ったり来たり。

監督が変わったことで、1軍ではキャッチャーとして試合に出ることも。

本人の意向と球団の意向が合致しなかったこともあってか、1軍では活躍できず、ファンの間では、

戦力外候補になるのでは?

という噂がでたようです。

しかし2015年のオープン戦に出場すると、17試合で打率4割8分3厘と、驚異的な数字をたたき出したのです。

まさに覚醒の年。

もう2度と、戦力外候補だなんて言わせません!

 ■ホームランバッター福田へ!

福田永将選手、中学生時代は日本代表の4番を務めたこともあるほどの主砲。

メジャーリーグから声がかかったことがあるという噂もありました。

3年目となる2009年の7月、ヤクルト戦で、9回にプロ初出場の初打席という場面。

なんと左中間スタンドへホームランを打ったのです。

これは史上49人目の快挙で、落合監督もべた褒(#^.^#)

福田選手といえば、ホームランというイメージが定着しました。

そして今年2016年の7月には、阪神戦でプロ初の満塁ホームランを放ちます。

念願の初満塁ホームランに、本人は、

嬉しくて頭が真っ白になってしまった…

とコメントしています。

これからも、ホームランの量産を頼みます!

■まとめ

福田永将選手、プロ入り10年目の2016年はホームラン10本でした。

年俸が大幅アップしたことですし、来季は3割30本を目指して頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする