菊池涼介・グローブへこだわりあるが磨かない…ミズノ剥がしとは?

広島東洋カープの「赤い忍者」こと、菊池涼介(きくちりょうすけ)選手。

セカンドでの絶妙なポジショニングや、勘の鋭さは超一流。

そんな守備のスペシャリストのグローブの秘密について、迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク

■グローブへのこだわり

昨年、4年連続4度目のゴールデングラブ賞を受賞した菊池涼介選手。

ライバルであるヤクルトの山田哲人選手は、ゴールデングラブ賞の受賞を熱望しているようですが、菊池選手を超えるのは、なかなか難しい気がしますよね。(^^;

相棒であるグローブに、特別なこだわりはあるのでしょうか?

菊池涼介選手は毎年グローブを新しいものに変えるのだそうです。

長く使った方がよく手になじむのかと思いがちですが、個人差があるのですね。

グローブを選ぶ基準はフィーリングだそう。

新しいグローブに手を入れたときの感覚を大切にしていて、しっくりこないものは使わないのだとか。

プロ選手は、手を入れただけで自分に合うかどうかわかるんですね~。

う~ん、さすがです!(*^^*)

■ミズノ剥がしとは?

2015年、グローブはSSKのモノを使っていましたが、2016年からはミズノ社のグローブを愛用しているところをよく見かけます。

練習用、試合用などと、グローブを使い分ける選手も多いですよね。

しかし、菊池涼介選手はSSK社とアドバイザリー契約を結んでいるので、ミズノ社のグローブを使うときは、ミズノのラベルを剥がして使っているようなのです。

プロ野球選手も、色々気を遣っているのですね~(~_~;)

■グローブを磨かないってホント?

グローブをオイルで磨いたりしないという菊池涼介選手。

手入れをしなくていいの?

と、素人は思ってしまいますが・・・(^▽^;)

オイルやクリームを塗るとグローブが重くなってしまったり、硬さが変わってしまったりするからなのだとか。

もしかして、ミズノのラベルを剥がすのは、重さの面でも好都合だったりして?!

わずかな重さの違いで、捕球できる球も捕球できなくなってしまうのでしょうか。

そのこだわりが、あの神プレーを生み出しているのですね!納得です。(^_-)-☆

さすがの徹底っぷりですよね!

■まとめ

守備のポジションで難しいと言われているセカンド。

守備範囲の圧倒的な広さと集中力は超一流です。

赤い忍者とも称される菊池涼介選手。

その鉄壁の守備でプロ野球ファンを魅了し、今年もチームを優勝に導いてください!

応援していま~す。\(^o^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 菊池涼介・グローブへこだわりあるが磨かない…ミズノ剥がしとは? […]

  2. 平野和美 より:

    最近、菊地の出番がないんですが、どうしてですか?

  3. 平野和美 より:

    菊地は、具合が悪いんでしょうか?

    • Baseball-Japan より:

      コメントありがとうございます。
      菊池選手、故障みたいですね。
      チームも連敗( ; ; )
      スタメン復帰が待ち遠しいです!