菊池涼介の【高校時代】当時は三塁手でヤンキーだった?彼女の噂は?

守備に定評があり、これまで何度もスーパープレイで私たちを魅了してくれた菊池涼介(きくちりょうすけ)選手。

2017年WBCでも、相手チームの選手から拍手が起こるほどの好守備を見せてくれました。

今回は、そんな菊池涼介選手の高校時代に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

■高校時代は三塁手だった!?

今となっては、完全に二塁手が定着している菊池涼介選手ですが、高校時代はどうだったのでしょうか。

菊池選手は東京出身ですが、高校生からは野球留学で長野県の武蔵野工業大学第二高等学校へ進学しました。

現在は、東京都市大塩尻高等学校と校名が変わっているようです。

高校時代は、三塁手だったようですが、春夏ともに甲子園出場はありませんでした。

菊池選手が注目され始めたのは、大学進学後からでしたが、その時のポジションは遊撃手。

さらに、チームが9回の時点でリードを保っている試合では、投手として登板もしていたみたいです。

野手だけでなく投手もこなせるなんて、かなり器用でセンスがないとできないですよね!

■高校時代の菊池涼介はヤンキーだった!?

菊池涼介選手について調べていると、『ヤンキー』というワードを避けて通れません。

最初は、かなり驚きましたが、噂の真相は“私服がヤンキーっぽい”という事でした。

プロ野球選手と言えば、独特なファッションが流行ったりしますよね。

かなり昔ですが、パンチパーマにセカンドバッグの選手があふれていた時代もありましたね…懐かしいです。

そんな感じで、菊池選手も独特なファッションセンスをお持ちなのかと思いきや、全くそんなことはありませんでした!

キャップやサングラスを着用し、かなりカジュアルな服を着ていることが多いみたいです。

確かに、プロ野球選手の私服ではあまり見ない雰囲気かもしれません。

ノリが良くて明るい菊池選手のキャラクターもあり、ユニフォーム姿と比べるとヤンチャな感じに見えます。

好みは分かれるかもしれませんが、菊池選手にはすごく似合っていると思いました(*^^*)

■高校時代に彼女はいたの?

イケメンとしても大人気の菊池涼介選手ですが、気になるのは彼女の存在です。

高校時代の彼女については分かりませんでしたが、菊池選手は入団直後のインタビューで、

“彼女はいます“

と答えていました。

その頃は、大学時代からお付き合いした女性がいたようです。

しかし現在は、彼女はいないと本人も言っています。

ただ、熱愛や結婚の噂は色々とあるようですね。

イケメンで野球でも大活躍の菊池選手ですから、モテないわけはありません。

菊池選手がどんな女性を選ぶのか、すごく気になります(*^^*)

■まとめ

驚異的な守備範囲と華麗なプレーで、日本のプロ野球界だけではなく世界中から注目を浴びている菊池涼介選手。

その経歴は、意外にも甲子園の出場はなく、二塁手もプロに入ってから定着したポジションでした。

イケメンで女性人気の高い菊池選手は、私服から恋愛まで様々なところで話題になっています。

今後も、菊池選手の動向から目が離せません(^^)/