衣笠祥雄の【高校時代】甲子園は2回出場、当時のポジションは?

2018年4月23日、広島カープの黄金時代を築いた衣笠祥雄さんが亡くなりました。

今回は、「鉄人」衣笠さんの高校時代を振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

◆野球を始めたきっかけは?

広島のイメージが強い衣笠祥雄さんですが、実は京都の出身。

小学生のときは柔道をしていたのですが、京都洛東中学校には柔道部がありませんでした。

いろんな部を見て回った中で、たまたま野球部のバッティング練習を見て、

“面白そうだな”

と思ったのが、野球との出会いとなりました。

◆名門・平安高校時代

衣笠祥雄さんは、京都の平安高校(現・龍谷大平安)へと進み、野球を続けます。

平安高校野球部は、春夏で甲子園を四度制覇している強豪。

1年生だけで200人くらいの部員がいましたが、激しい競争を勝ち抜き、2年生の秋にレギュラーの座をつかみました。

練習は厳しかったけれど、

“甲子園に出たい”

という思いが勝り、野球を辞めたいと考えたことはありませんでした。

◆甲子園の成績は?

衣笠祥雄さんは、平安高校3年時に、春の第36回選抜高等学校野球大会と夏の第46回全国高等学校野球選手権大会に出場しています。

実は、衣笠さんにとって高校野球で楽しかったのは2回。

“春と夏の甲子園の入場行進”

の時だけだそうです。

チーム内の競争は激しく、レギュラーになったら「平安」の名を背負っている以上、

“負けられない”

というプレッシャーが強くありました。

ちなみに、甲子園での成績は、いずれもベスト8進出を果たしています。

◆高校時代のポジションは?

衣笠祥雄さんは平安高校2年の秋に、6番一塁手でレギュラーをつかみました。

3年生では強肩強打が買われ、ポジションは4番・キャッチャー。

この時バッテリーを組んでいたのが、後に関西六大学野球や阪神タイガースで活躍する、植木一智(うえき・かずとも)さんです。

◆まとめ

高校を卒業し、広島カープで、

“将来の正捕手”

と期待された衣笠祥雄さん。

しかし、キャッチャーとしてミスもあり、早々に内野手にコンバートされてしまいます。

ただし、打撃に専念できるファーストへの転向は「吉」と出ました。

その後の活躍は、プロ野球史に刻み込まれている通りです。

「鉄人」は天国へ旅立ちましたが、その爪痕は、永遠に語り続けられることでしょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。

◇編集後記

ルーキー時代の衣笠祥雄さんは、フルサイズのアメ車『フォード・ギャラクシー』に乗り回し、遊んでばかりの問題児でした。

その「問題児」がどうやって「鉄人」へと変わっていったのか?

その辺の経緯は、

水は岩をも砕く (ロング新書) [ 衣笠祥雄 ]

に綴られています(^_-)

《こちらの記事も読まれています》

衣笠祥雄の『家族』~妻と息子、娘は女子アナ?鉄人はハーフだった…

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 衣笠祥雄の【高校時代】甲子園は2回出場、当時のポジションは? […]