WBC2017・侍ジャパン28人メンバーのデータ(出身地・高校・甲子園編)

WBC(ワールドベースボールクラシック)2017は、連日熱戦が繰り広げられています。

今回は、選手の出身県や高校、甲子園経験に注目していきたいと思います。

スポンサーリンク

■侍ジャパン28人の出身地

侍ジャパンメンバーの出身地を北から並べると、こういう感じになります。

ポジション 出身県
秋吉亮 投手 東京
菊池涼介 内野手 東京
鈴木誠也 外野手 東京
菅野智之 投手 神奈川
松井裕樹 投手 神奈川
田中広輔 内野手 神奈川
秋山翔吾 外野手 神奈川
石川歩 投手 富山
大野奨太 捕手 岐阜
増井浩俊 投手 静岡
牧田和久 投手 静岡
千賀滉大 投手 愛知
則本昂大 投手 滋賀
松田宣浩 内野手 滋賀
平野佳寿 投手 京都
炭谷銀仁朗 捕手 京都
藤浪晋太郎 投手 大阪
小林誠司 捕手 大阪
平田良介 外野手 大阪
宮西尚生 投手 兵庫
坂本勇人 内野手 兵庫
山田哲人 内野手 兵庫
岡田俊哉 投手 和歌山
筒香嘉智 外野手 和歌山
中田翔 内野手 広島
内川聖一 外野手 大分
武田翔太 投手 宮崎
青木宣親 外野手 宮崎

順番は都道府県番号を基準にしていますが、それにしてもどういうことでしょう…

一番北端が「東京」になってしまっています(゚д゚;)

高校野球などは「西高東低」が叫ばれることもありますが、侍ジャパンは「関東以西」の状況。

辞退者を見ても、

  • 岩隈久志投手…東京
  • 田澤純一投手…神奈川
  • ダルビッシュ有投手…大阪
  • 前田健太投手…大阪
  • 上原浩治投手…大阪
  • 田中将大投手…兵庫
  • 中島卓也選手…福岡
  • 今宮健太選手…大分

あ、一人だけいました、大谷翔平選手は岩手県奥州市の出身ですヽ(^o^)丿

■侍ジャパン28人の出身高校・甲子園経験

次に、出身高校と甲子園経験を見てみましょう。

ポジション 出身高校 甲子園経験
藤浪晋太郎 投手 大阪桐蔭高 春夏連覇
平田良介 外野手 大阪桐蔭高 1回出場
中田翔 内野手 大阪桐蔭高 2回出場
菅野智之 投手 東海大相模高 なし
田中広輔 内野手 東海大相模高 1回出場
秋吉亮 投手 足立新田高(公) なし
菊池涼介 内野手 武蔵工大第二高 なし
鈴木誠也 外野手 二松学舎大付高 なし
松井裕樹 投手 桐光学園高 1回出場
秋山翔吾 外野手 横浜創学館高 なし
石川歩 投手 滑川高(公) なし
大野奨太 捕手 岐阜総合学園高 なし
増井浩俊 投手 静岡高(公) なし
牧田和久 投手 静清工高 なし
千賀滉大 投手 蒲郡高(公) なし
則本昂大 投手 八幡商業高(公) なし
松田宣浩 内野手 中京高 1回出場
平野佳寿 投手 鳥羽高校(公) 3回(登板はなし)
炭谷銀仁朗 捕手 平安高 なし
小林誠司 捕手 広陵高 2回出場
宮西尚生 投手 尼崎高(公) なし
坂本勇人 内野手 光星学院高 1回出場
山田哲人 内野手 履正社高 1回出場
岡田俊哉 投手 智弁和歌山高 4回出場
筒香嘉智 外野手 横浜高 1回出場
内川聖一 外野手 大分工高(公) なし
武田翔太 投手 宮崎日大高 なし
青木宣親 外野手 日向高(公) なし

出身高校については、野球留学などもあるので、必ずしも出身地とは結びつきません。

しかしやはり、東北・北海道勢はいないようですね(>_<)

高校別では、大阪桐蔭高が3名選出でトップ。

東海大相模高が2名選出で2位につけています。

その他は1校ずつですが、うち9校は公立高校で、平野佳寿投手の鳥羽高校以外は、甲子園の常連校というわけでもなさそうです。

次に、各選手の甲子園経験ですが、Wikipediaなどで分かる範囲で調べていますので、異なっていればご指摘ください(^_^;)

28名中16名は甲子園経験なし。

甲子園がすべてではありませんが、過半数を占めるのは少し意外な気がします。

甲子園での優勝経験があるのは、藤浪晋太郎投手だけでしょうか。

しかも、春夏連覇を成しとげていますので、甲子園での実績としては群を抜いています(*^^)v

■まとめ

今や、日本中が注目する「二刀流」の大谷翔平選手。

侍ジャパンの西高東低問題については、大谷選手が東北出身ということで、かろうじてバランスがとれたでしょうか?

そういう意味でも、大谷選手の辞退はとても残念でした。

残された「侍」たちが、世界を一刀両断する奮闘を期待したいと思います(^o^)丿