内川聖一・あごの病気で手術したってホント?アゴタッチって何?

2016年シーズン、リーグ2位となる106打点という成績を残した、ベテラン内川聖一(うちかわ・せいいち)選手。

今回は、内川聖一選手のトレードマーク?である「あご」にスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

■内川聖一選手のトレードマークは「あご」!

内川聖一選手のトレードマーク(?)ともいえるあご。

ご本人はどう思われているかわかりませんが、特徴のある顔だちで、名前をすぐに覚えてもらえるということは、プロ野球選手にとって良いことではないでしょうか?

チームメイトからつけられたアダ名は

“アゴジラ”

中学生がつけるあだ名みたいですよね。(^^;

そんなにあごでイジられちゃって大丈夫ですか~?内川選手~?!

■あごの病気で手術したってホント?

2003年、内川聖一選手は、なぞの体調不良に悩まされていました。

急激に右目の視力が落ちたり・・・

右手の握力が落ちて、ゴールを握ることもできなくなってしまったり・・・

実はその原因が、あごにあったのです!( ゚Д゚)

あごが右側に曲がって、神経を圧迫していたとのこと。

契約更改のときに、あごの整形手術代として、年俸を上乗せしてもらったようです。

しかし、結局手術は行わなかったとのこと。

歯のかみ合わせの矯正を行うことにより、克服されたそうです。

噛み合わせって大事なんですね~

それにしても手術に至らなくて良かったです!(^▽^;)

■内川聖一選手の名物、アゴタッチ!

2009年のWBCから始まったといわれる「アゴタッチ」。

ベンチ前で活躍した選手を迎え、ハイタッチやグータッチなどをする際に、内川聖一選手はアゴタッチすることがあるのです。

お立ち台で、チームメイトからアゴタッチされる光景もよく見られました。

喜びを分かち合う方法はそれぞれでしょうが、トレードマーク(?)のあごをチームメイトに触らせるなんて、なんともユニークですよね!(^_-)-☆

選手たちが親しみを込めて行うこのアゴタッチ、内川聖一選手は、

これがチームの雰囲気を良くすることにつながり、チームが一丸となれるなら

と、コメントしています。

内川選手の器の大きさが感じられますよね!(^O^)/

■まとめ

あごがトレードマークである内川聖一選手。

あご、あご、言われていますが、チームメイトも野球ファンも、親しみをもっているからゆえなのです。

右打者最高打率.378という記録を持っている内川聖一選手。

ホントにすごい選手なのですから!

今年こそ、ソフトバンクホークスを優勝へ導いてください。

応援しています(^O^)/

◇編集後記

ホークス選手デザインのスマホケースを見つけました。

iPhone8 ケース スマホケース 手帳型 全機種対応 (iPhone8 Plus iphone7 xperia xzs galaxy s8 galaxy s7 edge huawei p10 lite アイフォン6s iphone se Android One Qua phone ZenFone AQUOS R DIGNO スマホポーチ 携帯) デザイン 福岡ソフトバンクホークス公認 選手 グッズ

デザインはスタイリッシュでおしゃれなので、持ち歩いても違和感ありません。

もちろん、背番号「1」内川聖一選手バージョンもサイン入りでラインナップ。

これを持っていると、常勝ホークスにあやかれそうですね(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク