阿部慎之助…高校時代は甲子園に出場歴があるのか?出身高校はどこ?

阿部慎之助(あべ・しんのすけ)選手は、今ではファーストに専念していますが、それまでは強肩強打のキャッチャーでした。

スポンサーリンク

◆阿部慎之助選手の高校時代

阿部慎之助選手の出身地は千葉県ですが、高校は東京の安田学園で高校時代を過ごしています。

阿部慎之助選手の父親は、阪神タイガース2軍監督を今季限りで退く“掛布雅之氏”と習志野市立習志野高等学校で同期。

掛布雅之氏が3番、阿部選手の父親が4番を打ち、全国高等学校野球選手権大会(甲子園)に出場歴があります。

その影響もあり、阿部慎之助選手は左打者になり、憧れのバッターは掛布雅之氏でした。

高校時代は今のようにがっしりした体ではありませんでしたが、捕手を務めていました。

ある弱小高校の選手が、キャッチャーとして阿部選手と対戦した時には、

“物凄いオーラがあった…”

と、証言しています。

その後、鮮やかなホームランを打たれたのだとか。

華のある選手は、高校時代から目立つものですね。

◆甲子園の出場歴は?

そんな、オーラ全開の阿部慎之助選手ですが、意外にも甲子園とは無縁の選手でした。

東京は強豪校が揃っていますからね。

ノーシードだと、甲子園に行くまで7戦全勝と言う離れ業を行わなければいけません。

一般常識で考えると、ノーシードから勝ち上がり甲子園の切符を手に掴む事は、物凄く大変な事です。

夏の甲子園はどんなに強い高校でも、地方予選の負けは許されないので、非常にシビアな戦いです。

監督も勝ちにいかなければいけないので、温情采配は出来ません。

時には非情な采配を、「甲子園」と言う大目標の為にする事もあります。

これこそが甲子園に出場する為のチームワークでもあるのです。

本当はここも使いたいけど、勝つ確率を考えた場合、選手を交代した方が良い。

そう判断すれば、非情な交代があります。

◆甲子園出場歴はないが、東京では有名!

当時の阿部選手は、

“安田学園と言えば阿部慎之助”

と言われるほどの有名人。

甲子園出場歴こそないものの、甲子園出場校のエース級の投手と、互角以上の戦いをしていました。

当時から打撃センスは抜群のものがありました。

なかなか、こういった選手は少ないのです。

だからこそ、大卒でプロ入りし、2000本安打を達成する選手になれたのです。

◆まとめ

結局、甲子園の出場歴は、プロ野球の世界においては関係ないと言う事です。

甲子園に出場していなくても、しっかり素質の高い選手には、スカウトがマークをしています。

阿部慎之助選手も、高校時代からかなり高い評価を受けていましたが、阿部選手は中央大学に進学しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク