阿部慎之助はドラフトで目玉選手だった?契約金は?中居正広との関係

阿部慎之助(あべ・しんのすけ)選手は非常にチャンスに強く、

【サヨナラ慎ちゃん】

と呼ばれるほどでした。

スポンサーリンク

◆ドラフト何位?

阿部慎之助選手は、もちろんドラフト1位です。

逆指名で巨人に入団しています。

中央大学時代から打撃をさらに生かす為に、捕手から野手にコンバートを勧められることがありましたが、捕手に専念しました。

中央大学時代から、非常にその打力と捕手としてのセンスを高く買われていたのです。

阿部慎之助選手を狙っていた球団は、巨人以外にも複数の球団がありました。

このシーズンのドラフトはまだ、逆指名制度があったので、巨人は口説き落とす事に成功します。

ドラフトは、現状のシステムが1番いいですね。

抽選と言う“筋書きのないドラマ”があるのがドラフト会議だと思います。

◆中居正広との関係

阿部慎之助選手は、中居正広さんとは以前から親交があり、非常に芸能界の中では親しい中です。

中居正広さんは大の巨人ファンで有名で、またプロ野球にも非常に詳しい事で知られています。

芸能界の中で巨人ファンとして1番最初に思いつく人物は、徳光和夫さんではないでしょうか?

長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督を敬愛している事で有名です。

中居正広さんもかなりの巨人通ですが、徳光和夫さんには敵わないかもしれませんね。

やはり巨人ファンとしてのキャリアが違います。

◆本当の契約金は幾ら?

阿部慎之助選手の契約金が後に明らかになったときは、大騒動になりました。

表向きは、契約金1億円プラス出来高払い5000万円です。

しかし、実際に阿部慎之助選手に渡った契約金は、野球協定を大きく上回る10億円と言う大金だったのです。

これには、プロ野球界に衝撃が走りました。

上限を大きく超える契約金を貰っていた選手は巨人に留まらず、他球団の主力選手も上限以上の契約金を貰っていた事が判明しました。

但し、この契約金の違反問題でペネルティを受けた球団はありませんでした。

最早、過去の問題になっていたので、契約金の問題は風化していきました。

◆まとめ

阿部慎之助選手を逆指名で獲得した巨人。

契約金は、協定をはるかに超える10億円です。

普通の大学生が10億円なんて言う大金を提示されたら、少しめまいがする金額です。

通常の上限である1億円プラス出来高5000万円でも、とてつもない大金です。

場所を選ばずに、新築の家が簡単に買えてしまう金額と申し上げても差し支えないでしょう。

プロ野球の世界も色々な事があるのです。

しかし、流石に契約金10億円は少し巨人もやりすぎた感じがします。

それだけ欲しかった選手と言う事なのでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク