藤浪晋太郎の実家は竹城台?高身長は父と母譲り?弟は大産大で活躍

「浪速のダルビッシュ」と呼ばれ、高校時代から数多くの記録を残してきた藤浪晋太郎(ふじなみ しんたろう)選手。

その長身から投げ下ろされる速球に、多くの野球ファンが魅了されています。

今日は、そんな藤浪選手の心の支えである実家と家族をピックアップしてみたいと思います!

スポンサーリンク

■藤浪晋太郎の実家は竹城台?

藤浪晋太郎選手は、大阪府堺市の出身です。

「泉北ニュータウン」という、周りに大小の公園が点在し、緑と自然あふれる新興住宅街で、のびのびと育ちました。

野球を始めたのは、地元の竹城台東小学校に入学した1年生の夏でした。

友達が入団したことをきっかけに、少年軟式野球チーム「竹城台東少年野球クラブ」に藤浪選手も入団します。

その後、中学校時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属し、この頃からピッチャーとして活躍していました。

なんと、この「大阪泉北ボーイズ」は、読売ジャイアンツの小林誠司選手も所属していたチームなんです。

こんな近隣から2人も有名選手が出ているなんて、すごいですね!

■藤浪晋太郎の父・母はどんな人?職業は?

藤浪晋太郎選手は、父・晋(すすむ)さんと、母・明美さんに支えられ、小さい頃から野球一筋の生活を送ってきました。

晋さんの職業は、業界団体の健康保険組合で被保険者に健康保険証を発行する仕事をされているそうです。

その職場で明美さんと出会い、結婚して藤浪選手が生まれました。

身長が185㎝の父・晋さんと、162㎝と女性にしては身長の高い母・明美さん。

お2人の高身長をしっかりと受け継いだ藤浪選手は、小学校を卒業するころには既に180㎝もあったそうです!

さすが日本屈指のピッチャー!幼少期から桁違いの存在感ですね(*^^*)

■藤浪晋太郎の弟は大産大!?

藤浪晋太郎選手には2歳年下の弟・滉二郎さんがいます。

少年時代は一緒に「パワプロ」で遊んでいたらしく、兄弟仲は良さそうです。

弟・滉二郎さんも野球をしていて、古豪・大阪体育大学浪商業高校の出身です。

卒業後の現在は、大阪産業大学で内野手としてプレーしています。

滉二郎さんも、高校時で188㎝と高身長!

ドラフト候補に名前も挙がっていますので、もしかしたら兄弟そろってタイガース・・・

なんて日が来るかもしれませんね(^^)/

■まとめ

生まれも育ちも大阪で、現在は阪神タイガースで活躍中の藤浪晋太郎選手。

人生の選択は自分で決めるまで待つ

という教育方針だった父・晋さんと母・明美さんに見守られ、高校でもプロでも大活躍してきました。

まだ23歳と若い藤浪選手が、これからどんな投手になっていくのか、とても楽しみです!

さらに、弟の滉二郎さんも大産大で活躍中ということで、兄弟そろってプロ入りなるか!?

期待が高まりますね(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする