秋山翔吾はウナギイヌに似ている?お嫁さんは?どうするFA権!

侍ジャパンにも選出されている、埼玉西武ライオンズの秋山翔吾(あきやましょうご)選手。

実はスゴイ記録保持者なのに、とっても謙虚な性格。

今回は、そんなにスゴイ秋山選手の素顔に迫ります。

スポンサーリンク

■ウナギイヌに似ている?

秋山翔吾選手は、アニメ「天才バカボン」のウナギイヌに似ているということで有名です。

大学時代に監督から、

ウナギイヌに似ている…

と言われ、プロに入ってからも先輩から「似ている」と言われ、秋山選手本人も納得せざるを得なかったのだとか。

球団では「うなぎ」のニックネームは公認となっており、ウナギグッズが販売されたりするほどの人気ぶり。

人気も成績も、ウナギのぼりに上がるといいですね(^o^)丿

■秋山選手のお嫁さんは?

秋山選手は、2013年に幼なじみの女性と結婚しました。

小学校から高校まで同じ学校に通っていて、交際が始まったのは高校生の頃のようです。

7年間の交際の後、結婚されたのだとか。

とっても好感が持てますよね!

img_1918

プロ野球業界は華やかですが、その波に飲み込まれずに堅実な道を歩いているイメージがあります。

2014年に長男が、2016年には次男が誕生したそうです。

家族思いで知られる秋山選手。

ますます賑やかになり、温かい家庭を築いていきそうですよね。

■秋山選手のFA権

2015年シーズンに、イチロー選手の記録を超える216安打を記録し、歴代年間最多安打を達成している秋山翔吾選手。

幼いころ文集に、

やきゅうせん しゅになりたいです。いちろうみたいにひっとうちたいです!

と綴ったといいます。

まさか、そのイチロー選手の記録を自分が抜いてしまうなんて、その当時は夢にも思わなかったのでは?

2016年シーズンは171案打にとどまりましたが、2015年、2016年とゴールデングローブ賞を受賞しています。

攻めて良し、守って良し。そしてなんと走っても速いのです。

50メートルのタイムは5秒9なのだとか。

まさに野球をするために生れてきたようなスター選手ですね。

そんな秋山選手は、2017年にFA権を取得する予定です。

これだけの記録保持者ですので、

メジャー挑戦!?

というのも考えられなくもありません。

ただ、家族思いで知られる秋山選手。

お子さんがまだ小さいということもありますし、お母さんをとても大事にされているというお話も聞きます。

日本でプレーを続行する可能性の方が、高いかもしれませんね。

■まとめ

実はスゴイ記録保持者なのに、親しみやすいキャラクターの秋山翔吾選手。

プロ野球ファンならずとも、愛され要素、満載です。

2017年シーズン、目指す記録は、やはり「優勝」の2文字なのでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする