新井貴浩・ゲッツーが多く年俸が少なくても絵本はアマゾンで好調!

広島東洋カープで活躍中の新井貴浩(あらいたかひろ)選手。

今回は、そんな新井選手の年俸や絵本(?)、 阪神時代から多かったゲッツーに迫ります。

スポンサーリンク

■新井貴浩選手の2017年度年俸は?

新井貴浩選手の2017年の年俸は、1億1000万円プラス出来高払いで契約を更改しました。

阪神タイガースを自由契約となり、広島に復帰した2015年度は、年俸は2000万円。

2年で、5.5倍となったことから“神回復”とネットニュースで話題となっています。

2016年のシーズンは、打率3割、19本塁打、101打点の成績で、リーグ最年長ながら、MVPに輝きました。

また、2016年は、通算2000安打、300本塁打など、節目の記録も次々と達成。

25年ぶりのカープ優勝にも、大きく貢献しました。

2015年に阪神から、古巣である広島東洋カープに帰って来た新井選手を、地元広島ファンも温かく迎えます。

そんな広島ファンへの恩返しとなった、2016年のシーズンでした(^_-)

■絵本はアマゾンで売り切れ?

2016年12月10日、『新井貴浩物語 がむしゃらに前へ』(中野慶=作、吉田路子=絵、南々社)が発売されました。

インターネットサイトのアマゾンでは、予約注文が殺到し、発売と同時に売り切れます。

この本は、新井選手の小学3年時代の担任教諭である、佛圓弘修さんが企画立案した絵本です。
新井選手の小学校時代からカープ優勝まで描かれているこの絵本。

カープ優勝で興奮冷めやらぬカープファンの間で、売れまくっているようです(^o^)丿

■ゲッツーが多い?

新井貴浩選手は阪神時代から、

なぜあんなにゲッツーが多いのか?

とファンの間でささやかれています。

新井選手のプレースタイルは、ホームラン狙いのバッティング。

そのことから、打率重視の当てにいくバッティングとなるのです。

ピッチャーの投げるゲッツー狙いの低めの球にも、打率重視のため手を出してしまい、結果、ゲッツーとなってしまいます(>_<)

打率重視でボールに当てにいくということが裏目となり、ゲッツーが多くなるのですが、逆に

そのことを楽しむファンもいるようです。

当てても当てなくても、注目を集める新井選手なのでした。

■まとめ

2017年、飛躍的に年俸がアップする新井貴浩選手。

自身のことが絵本となったり、打っても打たなくても注目を集めたりと、プロ野球選手として

長く愛されるモノを持っています。

2017年は、人気も実力も飛躍してほしいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク