則本昂大・実家が滋賀のお嫁さんとの結婚秘話…子供は似ている?

東北楽天ゴールデンイーグルスで活躍中の、則本昂大(のりもと・たかひろ)投手。

今回は、則本投手の実家やお嫁さん、子供さんに迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■実家は滋賀県多賀町

則本昂大投手の実家は、滋賀県犬上郡多賀町にあります。

滋賀県の2013年夏の広報「滋賀プラス1」で、

“子どもの頃からお多賀さんに親しみ、糸切餅も鮒寿司も好物”

とコメント。

地元・滋賀を愛している様子が伺えます。

子供の頃、学校から帰ってからは、お父さんが練習に付き合ってくれたそうで、

“その頃の練習の積み重ねが、やはり今の自分に生きていると感謝している”

と、昔を思い出していました。

則本投手にとって、実家は野球の原点と言える場所と言えるでしょう(^o^)/

■結婚とお嫁さんについて

2013年12月24日のクリスマスイブに、則本昂大選手は結婚しました。

1歳年下のお嫁さんの名前は、紋華(あやか)さん。

この日は、旧暦の11月22日で“いい夫婦の日”にも当たるということで、よく考えられていますね(*^_^*)

薬剤事務員のお仕事をしていた紋華さんは、顔が柴咲コウに似たスレンダー美人です。

2人が知り合ったのは、八幡商業高校時代。

紋華さんは野球部のマネージャーでしたが、高校時代は恋愛関係には発展しなかったようです。

しかし、高校を卒業してから火がついたのでしょう、則本投手が三重中京大に在学中の2012年7月から交際をスタート。

3年ほどの交際を経て、無事、ゴールインとなりました。

結婚当初、

“仙台に行ったら、野球のことだけでなく、選手を支える食事のことなど、いっぱい勉強して、主人を支えていきたい”

と話していた紋華さん。

則本投手が、遠い仙台で活躍できるのは、同郷のお嫁さんの力強いサポートの賜物なのでしょう=(^.^)=

■子供は似ている?

2016年3月8日、則本昂大選手にとって第1子となる女の子が誕生しました。

滋賀県内の病院で生まれたので、立ち会うことは出来ませんでしたが、すぐに病院へと駆けつけたそうです。

“やっぱり子供が大きくなっても、プロの第一線で野球をやっていたいです。子供にとって自慢のオヤジでいたいです”

とコメント。

子供さんは、則本投手似とのことですが、特に口元がよく似ているそうです。

きっと可愛らしい女の子なのでしょう(^_−)−☆

■まとめ

2013年からプロとしてのキャリアをスタートさせた則本昂大選手。

最愛の紋華さんにこう言ってプロポーズしました。

“新人王を獲ったら結婚してください…!”

そして、則本投手は1年目でいきなり15勝をおさめ、新人王に輝きます。

厳しいプロの世界で、1度しかない新人王のタイトルを獲ることができた原動力とは…?

それは、あえて陳腐な言葉で言えば「愛の力」という事になるのでしょう(*^_^*)

□編集後記

則本昂大投手が愛用する時計はこちら。

ウブロ スピリット オブ ビッグバン ムーンフェイズ キングゴールド 647.OX.1138.RX【新品】【メンズ】【腕時計】【送料・代引手数料無料】

ベルトの色などが若干異なりますが、ご本人のものと同じ型番です。

金額もさることながら、主張するデザインが強気な則本投手とマッチしていますね(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク