岸孝之・お嫁さんと子供は?2016年ファン感謝祭と楽天での年棒

埼玉西武ライオンズで活躍した、岸孝之(きしたかゆき)選手。

2017年度からは、東北楽天ゴールデンイーグルスでプレイしています。

今回は、岸選手のお嫁さんや2016年ファン感謝祭の出来事、それと年棒についてご紹介します。

スポンサーリンク

■お嫁さんと子供

岸孝之選手は、2010年1月に、1歳年上・北海道出身の一般女性と結婚しています。

お嫁さんとは2008年7月に知り合い、同年9月に交際が始まりました。

北海道との遠距離恋愛だったそうです。

お嫁さんは、噂の範囲ですが、美人で料理上手な女性とのこと。

子供は二人いて、二人目は2014年12月に誕生しました。

普段から気遣いもでき、家では仕事である野球の話もほとんどせず、落ち着いていられる。今では無くてはならない存在。

と、岸選手も語ったことがあります。

素敵なお嫁さんと子供に支えられて、安定したプロ野球選手として活躍しています。

■西武のファン感謝祭

2016年11月23日に行われた西武ライオンズのファン感謝祭。

岸孝之選手は、2016年11月16日に東北楽天イーグルスへFA権を使い移籍することが決まります。

10年間、お世話になった。西武側が許してくれるなら出たいなと思う。ちゃんと出て、感謝の気持ちを伝えたい。

と、ファン感謝祭前に、気持ちを吐露していました。

岸選手が、ファン感謝祭に本当に参加するのか注目が集まりましたが、23日の感謝祭には、無事、岸選手の姿が。

10年間、お世話になりました。感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたい

とあいさつをして、1時間以上、ファンとハイタッチを行いました。

渡辺直人選手に対して、

ファン感謝祭に参加するかどうか

を相談していたそうですが、

参加してよかった。

と、参加出来たことに感謝していました。

■楽天での年棒は?

楽天へFA移籍が決まった岸孝之選手。

西武でも多額の年棒でした。

楽天との契約は、4年出来高含む総額16億円となるようです。

2017年の年棒は、予定では2億2500万円となります。

岸選手の故郷である仙台の球団であることと、星野仙一副会長の熱意により、今回の移籍が実現しています。

■まとめ

西武ライオンズで大活躍だった、岸孝之選手。

2017年度からは、故郷の東北にある楽天へ移籍することが決まりました。

交渉中も、陰ながら家族の支えがあったのではないでしょうか。

最後まで西武で応援してくれたファンへの感謝を忘れなかった岸選手。

ファンをとても大切にする謙虚な姿勢で、今後も活躍することを期待しています。