加藤拓也の彼女は?慶應義塾高校時代とプロスピ能力査定について

ドラフト1位指名を受け、広島東洋カープに入団する加藤拓也(かとうたくや)選手。

今回は、加藤選手の彼女や、高校時代のエピソード、プロスピ能力査定について迫ります。

スポンサーリンク

■加藤拓也選手の彼女は?

慶應義塾大学で、野球部エースとして活躍していた加藤拓也選手。

インターネット上で彼女の情報が出回っていないか探しましたが、特に情報は得られませんでした。

加藤拓也選手の経歴を見る限り、彼女がいるのではないかと思いますが、慎ましく交際なさっているのかもしれません。

広島東洋カープから、1位指名を受けて入団してからは、広島での生活となります。

もしかしたら大学で彼女がいるのかもしれませんが、遠距離恋愛となってしまうのではないでしょうか。

■慶應義塾高校時代

慶應幼稚舎(小学校)からでないと「慶応ボーイ」ではないと言う人もいるほど、格式の高い慶応義塾。

慶應義塾高校は、年間70万円ほどの学費がかかり、裕福な家庭の方が通うイメージがあります。

加藤拓也選手は、高校から慶應義塾高校、大学と進学しています。

高校に慶應義塾高校を選んだのは、

野球以外の選択肢も広がるかもしれない…

と選んだそうです。

高校時代も野球をしていましたが、目立った成果は挙げられませんでした。

しかし、高校時代の監督から、ピッチャーへの転向を勧められたそうです。

また、慶應義塾高校を勧めてくれたのは、中学時代の監督でした。

今の加藤拓也選手があるのは、中学や高校時代に、目立った成果を得られなくても野球を続けていたからでしょう。

■加藤拓也選手のプロスピ能力査定

加藤拓也選手のプロスピ能力査定では、先発に向く選手で、中継ぎや押さえも対応可能な選手です。

最高球速153キロ、平均球速は140キロ台後半のスピードボールが武器の速球派右腕です。

球種・変化球は、ストレート、ツーシーム、スライダー、カーブ、縦のスライダー、SFF(スプリット)。

得意球、決め球は、ストレートです。

奪三振率は高いですが、フォームの問題で故障が心配で、リリーフ向きという査定結果です。

■まとめ

慶應義塾高校で、特に目立った成果をあげられなくても、コツコツと野球を続けてきた加藤拓也選手。

広島カープはマエケンが不在となり、黒田投手が引退します。

また、広島カープには、コツコツと頑張り成果を出す選手が多く、加藤拓也選手も入団してからまたひとつ成長出来るのではないでしょうか。

今後、カープのエースとして活躍して欲しいと願うばかりです。
今後のご活躍を期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク