山田哲人の【高校時代】当時の守備と打順は?愛用のバットも大公開!

2017年の今シーズンは、3年連続のトリプルスリー達成が大いに期待されている山田哲人(やまだてつと)選手。

そんな山田選手の野球のルーツを探るべく、高校時代について調べてみました!

スポンサーリンク

■山田選手は高校時代から守備は上手かった!?

2年連続のトリプルスリー達成が話題となり、バッティングの方ばかり注目されがちですが、実は守備にも定評がある山田哲人選手。

高校時代から守備は上手かったのでしょうか?

履正社高校出身の山田選手は、もともと身体能力が高く、高校入学当初から素質はズバ抜けていました。

その証拠に、1年夏には既にベンチ入りをし、2年夏には二塁手、2年秋からは遊撃手と、早くからチームを引っ張る存在でした。

そして、3年生になる頃には高校No.1遊撃手と呼ばれるように。

しかし、2年の秋頃までは山田選手よりも注目されていた選手がいました。

PL学園の吉川大機選手です。

その後、本格的にプロ野球選手を目指し始めた山田選手は、練習へ取り組む姿勢がガラッと変わり、周囲が驚くほどの急成長を遂げます。

3年春以降は、攻守に大活躍し、誰もが注目する選手へとなっていました。

■山田選手の高校時代の打順は?

履正社高校時代の山田選手は、2年生の頃から3番を任されていました。

3番打者といえば、クリーンナップの先陣を切る重要なポジションです。
ランナーがいればヒットで返し、自分でチャンスを作ることもでき、ここぞという時にはホームランも打てる・・・

そんな万能な選手が多いイメージなのが3番打者です。

まさに山田選手のことですよね(^^)/

実際に山田選手は、3年春には打率.435を記録し、さらに3年夏の大阪大会では、初戦での満塁本塁打から始まり、29打数12安打13打点と打ちまくります。

まさに最強の3打者ですね!

■高校時代の山田選手のバットは?

高校時代からヒットを量産していた山田哲人選手は、当時どんなバットを使っていたのでしょうか。

当時の山田選手は、「ZETT」のバットを好んで使っていたようです。

もちろん使用するバットも重要ですが、山田選手のすばらしさは、そのバットスイングの速さです。

3年生になる頃には、先輩であるT-岡田選手の高校時を上回る154キロを計測するほどになっていました。

そこに行きつくまでには、想像を絶するほどバットを振ったはずです。

こんなところにも、山田選手の高打率の秘密がありましたね(*^^*)

■まとめ

高校入学時から、野球センスに溢れていた山田選手は、2年秋には3番遊撃手というポジションが定着していました。

さらに、山田選手の転機である2年秋以降は、守備にもバッティングにも磨きがかかり、誰もが注目する選手へと大変貌を遂げました。

プロ野球選手・山田哲人の原点は高校時代にあったんですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク