菅野智之の【高校時代】甲子園出場は?当時の成績と珍しい記録とは?

菅野智之(すがの・ともゆき)投手は、読売巨人軍のエースピッチャー。

2017年は最多勝も狙える成績です!

スポンサーリンク

◆高校時代の珍しい記録とは?

菅野智之投手は、高校時代からある程度完成されている選手でした。

奪三振率が非常に高く、公式戦、練習試合でも得意のストレートとスライダーを武器に三振の山を築いていきました。

投手として本領を発揮し始めたのは、2年の秋からです。

東海大相模高校は、菅野投手が2年の春に甲子園出場を果たしていますが、菅野投手はこの時点ではベンチメンバーに入っていませんでした。

また、3年夏の神奈川県大会準決勝では打席に立ち、ランナー2人を置いて三振(>_<)

しかし、ボールがワンバウンドしており、この時点では三振は成立していません。

相手チームの横浜高校が空振り三振チェンジと勘違いしたため、菅野投手は、ベースを1周し、

『振り逃げスリーラン』

と言う珍しい記録を高校時代に残しています。

その後、決勝戦では敗れ、甲子園出場を果たす事は出来ませんでした。

最速148キロと切れ味抜群の変化球が武器で、プロ注目の選手でしたが、東海大学に進学しています。

◆甲子園出場歴はある?

残念ながら菅野智之投手は、甲子園の舞台を踏めずに終わりました。

プロ野球に入ってやっと、甲子園のマウンドを踏んでいます。

高校球児は甲子園出場を目指し、日々厳しい練習を重ねています。

ここでしっかり練習についてこれないようだと厳しいです。

さらに、甲子園のベンチ入りは18人です。

強豪校は部員が100人以上いるチームもざらにありますから、その中で、甲子園の切符を掴んでも甲子園のベンチには18人の選手しか入れません。

逆に、菅野投手のように甲子園に出場していなくても、プロ野球の世界で超1流ピッチャーになる選手はいます。

◆高校時代の成績は?

菅野投手が頭角をあらわし始めたのは、高校2年の夏頃です。

当然、地方予選も終わった後。

とにかくスライダーの切れが抜群で、ストレートとのコンビネーションで、公式戦や練習試合で三振をたくさん取ってきました。

練習試合は非公式試合なので、投手の場合は特に成績が残るものではありません。

そんな中でも、菅野投手の投球を見に来るスカウトは多かったと言われています。

◆まとめ

菅野智之投手は、高校時代3年生の時にはある程度完成された投手になっていました。

しかしプロ志望届は出さず、東海大学に進学しました。

叔父の原辰徳前監督と同じ道を歩んでいます。

当時、2人の間にどんな会話があったのでしょうね(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク