菅野智之~ドラフトの悪夢~日ハムが強硬指名するも入団を拒否!!

菅野智之(すがの・ともゆき)投手は、日本を代表するエース投手。

東京五輪ではエースに君臨すると思われます!

スポンサーリンク

◆2011年悪夢のドラフト、日ハムが…

菅野智之投手に関しては巨人の単独指名が確実視されていた、2011年のドラフト会議。

ここで予想もしない出来事が待っていました。

なんと日ハムが、菅野投手を強硬指名したのです。

これには会場もざわつきます。

当然、巨人も1位指名し、日ハムと1/2の抽選になりました。

無情にも交渉権を引き当てたのは、日ハム。

過去にも日ハムは長野久義選手を指名した事があり、また余計な事を…とフロントは嘆きました。

ドラフト会議で指名するのは球団なので、

そのチームには行かない

と言っていても、球団が指名してしまえば、交渉権は得る事が出来ます。

ここがドラフト会議の難しい所でもあります。

◆2012年ドラフトで巨人が単独指名

2012年のドラフトで、ようやく相思相愛の巨人に1位指名され、憧れの巨人軍に入団する事が出来た菅野投手。

菅野投手が野球選手を目指した理由は、叔父である原辰徳前監督の引退試合を見たからです。

原辰徳前監督は、引退試合で豪快にホームランを叩き込んでいます。

引退セレモニーでは惜しまれつつ引退をして、最後は東京ドームを車でゆっくり1周。

ファンからは抱えきれないほどの花束を受け取り、男泣きが止まりませんでした。

その引退試合を見てプロ野球選手になることを決意した菅野投手。

原辰徳前監督が指揮を握っている間にプレーしたい…という夢もかないました。

◆日ハムに入団拒否

まさかのドラフト会議の結果を受けた菅野智之投手。

すぐに家族会議を行い、即決で入団拒否をして1年間浪人し、巨人から指名されるのを待つことにしました。

日ハムも最初は粘って交渉をしようとしていましたが、ほぼ門前払いに近く、まともな交渉はほとんど行われないまま。

日ハムはついに、菅野智之投手の獲得を断念しました。

ここまで拒否反応が凄いと付け込む余地がありあせんね。

巨人にとっては大誤算となってしまいましたが、日ハムも、菅野投手サイドの完全入団拒否は想定していなかったようです。

日ハムは、長野久義選手の時にも同じ事をやられています。

巨人サイドから見たら確信犯ですね。

◆まとめ

色々ありましたが、菅野智之投手は2012年のドラフト会議で巨人に単独1位指名され、1年遅れの入団となりました。

プロ野球生活を1年間ロスしたのは痛いですが仕方がありません。

入団後は無事、プロのキャリアを積み重ねています。

今季は最多勝のタイトルが濃厚ですが、最後まで油断はできませんね(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク