杉内俊哉「お嫁さんと子供のために…」奪三振の記録と気になる年棒

プロ野球界の当たり年と言われた「松坂世代」の一人、読売ジャイアンツの杉内俊哉(すぎうちとしや)選手。

そんな杉内投手の横顔に迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

■お嫁さんってどんな人?子供はいるの?

杉内俊哉選手のお嫁さんは、福岡のホークス情報番組のレポーターをしていた、上葉えりかさんです。

2003年のシーズンオフに結婚。

現在は、一人息子の咲哉(さきや)くんを加えた三人家族となっています。

2人のなれそめは、杉内投手が番組の中で、上葉えりかさんから取材を受け、一目惚れしたそうですね(#^.^#)

自身のブログにえりかさんが出てくるなど、かなりの愛妻家です。

また、グローブには、お嫁さんと子供の名前を刺繍しているのだとか。

家族愛を感じますね。

■奪三振の記録が凄い!

「日本の歴代の通算奪三振率のトップ5」

1位 杉内俊哉 9.28

2位 石井一久 8.84

3位 江夏 豊 8.41

4位 川口和久 7.81

5位 工藤公康 7.71

杉内投手の奪三振率は、歴代ナンバー1。

しかも、1試合の平均奪三振9個以上は、杉内投手だけです。

メジャーを含めた現代野球では、投球数を抑え、

「打たせてアウトにする省エネ投球」

などと言われています。

しかし、打者ならホームラン、投手なら三振にこだわりは必ずありますよね。

■気になる年棒は?

杉内俊哉選手は、球界史上最大の減俸となる4億5000万円ダウンで契約をしました。

日本のプロ野球の決まりでは、減額制限が設けられていますが、それを上回る減額をするには選手の同意が必要となります。

手術などでチームを離れ、期待に応える成績をおさめることができなかった杉内投手は自ら

基本年棒をギリギリまで抑え、出来高で評価をしてください

と申し出たそうです。

自分の年棒を返上した型になります。

年棒4億5000万円ダウン!私には想像がつきません!

改めて、勝負の世界の厳しさを実感させられました。

■まとめ

杉内俊哉選手は、鹿児島実業で全国甲子園大会に出場しています。

3年生の夏にノーヒットノーランを達成!

この試合は、1日雨で順延になっていて、その日は母親の誕生日でした…。

杉内投手は、母親女手一つで育てられ、母親に対する思いは人一倍あったそうです。

そんな母親の誕生日にノーヒットノーランをやってみせるなんて感動しますよね。

また、雨で順延になった…これも杉内投手の持っている力なのでしょうね。

母親は、杉内投手と姉、家族を本当に大事にしていたそうです。

そんな環境で育ったからころ、杉内投手も同じように家族を大事にしているのでしょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする