伊東勤・妻と子供の話、西武との確執!ファンレターの返事とは?

千葉ロッテマリーンズにて活躍中の伊東勤(いとうつとむ)監督。

今回は、伊東監督の奥様や子供さんの話、そして西武との確執とは?ファンレターの返事などについて迫ります。

スポンサーリンク

■伊東勤監督・妻と子供のエピソード

伊東勤監督の奥様の名前は、伊東加代子さんです。

1982年に結婚し、1993年頃に双子の男の子と女の子を出産しています。

妻・加代子さんは、伊東監督より1歳年下の女性。

2015年、お子さんたちが大学を卒業する年に、伊東監督は、妻の加代子さんに赤いバラの花束をプレゼントしました(*^o^*)

野球に集中できたのは、

妻が家庭のことを全て受け持ってくれたから…

と、感謝の気持ちを花束にしたようです。

年中、キャンプや遠征などで家庭にいることが少なかった伊東勤監督。

子育てを1人で担った加代子さんに対して、とても感謝しているのでしょう。

■西武との確執?

伊東勤監督は、現役生活22年、指導者として4年間を、西武ライオンズで過ごしました。

そして2007年、西武が25年ぶりにBクラスとなったことを受け、西武の監督を解任されます。

監督として最後の日、球団側から労いの言葉もなく、慰労の花束も用意されていなかったそうです。

伊東監督自ら花を準備し、当時のソフトバンク・王監督に頼んで、花を渡してもらうというセレモニー行います。

自作自演のセレモニーは、西武球団との確執を顕にしました。

どうやら、2005年頃から球団側との意志疎通がうまくいっていなかったようです。

長い時間を過ごした球団だったということもあり、伊東監督自身も、有終の美を飾りたかったことでしょう。

■ファンレターを送ると返事が来るのか?

伊東勤監督を調べると、「ファンレター」「返事」というキーワードが浮上します。

伊藤監督へファンレターを出すと、温かい返事が返ってくるという事なのでしょうか(・・?)

調べてみましたが、そういう情報はありませんでした。

伊東監督は、プリプロダクションという、芸能人や文化人のマネージメントを行っている事務所に所属しています。

そちらにファンレターを送ると、もしかしたら返事がもらえるのかもしれません。

ちなみに、ファンレターを送って返事があった選手に、ソフトバンクで監督をしている工藤公康監督がいます。

1999年にホークスを離れる際、

チームを離れないで…!!

と嘆願書をくれたファン全員に、何年もかけて返事を出したのだそうです。

ホークス監督をやめる時も「嘆願書」が来るかもしれませんね(^o^)/

■まとめ

千葉ロッテマリーンズの伊東勤監督は、古巣・西武を離れて奮闘しています。

現役時代から引退後も野球に専念出来たのは、妻である加代子さんのおかげ。

家族に感謝の気持ちを伝え、大切にしている様子が伺えました。

応援したくなる監督さんです、今後の活躍を期待しています!