糸井嘉男の嫁は佐藤恵美さん…「天然伝説」とマネスポ年俸について

オリックスバッファローズで欠かすことの出来ないバッターとして活躍していた、糸井嘉男(いといよしお)選手。

2017年度から国内FA権を使い、阪神タイガースへ移籍することが決まりました。

今回は、そんな糸井選手のお嫁さんや「天然伝説」、年俸などに迫ります。

スポンサーリンク

■お嫁さんの名前は佐藤恵美さん

糸井嘉男選手のお嫁さんの名前は、佐藤恵美さんです。

恵美さんは、神奈川県横浜市鶴見区出身の一般の方で、2005年10月に糸井選手と結婚しました。

夫婦は二人の子供に恵まれて、第2子は、2009年に誕生したことがわかっています。

糸井選手のプライベートに関しては、最低限の情報しか開示されていませんが、家族を大切に思われてのことでしょう(*^_^*)

以前、インタビューでお嫁さんとの馴れ初めを聞かれた糸井選手。

なれそめってなんですか?(゜o゜)

と、持ち前の天然っぷりを発揮していました。

■糸井嘉男の「天然伝説」

そんな糸井嘉男選手ですが、

宇宙人か?

と思われるほど、数々の天然ボケを発揮しており、その天然っぷりがインターネット上でまとめられています。

ドラフト1位指名を受け、球団側との会食後「どうでしたか?」との記者からの質問に、

エビフライ!

と答えてしまったエピソード(>_<)

2008年の契約更改の際、ハンコを押そうとポケットから出したのが、

リップクリームだった…

というエピソード(>_<)

鶏肉を食べて、他の選手たちの前で

やっぱりアグー豚はうまいな!

と絶賛したというエピソード(>_<)

その他にも、くすっと笑ってしまうような天然っぷりを発揮したエピソードが、数多く存在します。

あまりの天然っぷりに、スポーツ記者からは、OBやスタッフの多い阪神へのFA移籍を心配する声が上がっていました…

■年俸とマネスポ・サイト

阪神への移籍が決まった糸井嘉男選手。

2016年は、2億8000万円という多額の年棒です。

マネスポ(http://www.monespo.com/)によると、糸井選手の年俸は、2004年の1500万円からスタート。

img_1912

12年で年俸が18倍になるのですから、やはりプロ野球選手は夢があります(^o^)丿

この「マネスポ」ですが、各選手の年棒や成績の推移が、とても見やすくまとめられているサイトです。

野球界のマネーの動きを見る時に、とても便利なサイトですよ!

■まとめ

オリックスバッファローズで、主力選手として活躍した糸井嘉男選手。

FAで阪神へ移籍しましたが、野球での活躍はもちろんのこと、類いまれなるその天然っぷりで、新たな伝説を生み出していくことでしょう。

地元・関西で、阪神ファンにも好かれる選手となることを期待しています!