筒香嘉智・双子の姉がいる?実家の母が語る少年期、父と行った甲子園

「日本を代表するスラッガー」横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(つつごうよしとも)選手。

そんな筒香選手の実家でのエピソードを中心に、素顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■実家での生活を母の証言を元に探る

筒香嘉智選手は、和歌山県橋本市に実家があります。

実家は、ガソリンスタンドを営んでいました。

お母さんの証言によると、学校が終わっても、友達と遊んだことは1度もなかったそうです。

帰宅して自宅の裏に父が作った「手つくりドーム」に直行して、バッティング練習を毎日夜遅くまでしていました。

練習の相手は、10歳年上の兄・裕史さん。

なんと!兄・裕史さんは、練習に付き合うために大学をやめてしまったそうです(゚д゚;)

兄の厳しい練習が、現在の筒香嘉智選手のバッティングの基礎となっています。

また、筒香選手は

よく食べて、よく寝る

という子供でした。

朝ごはん、給食、おやつ、晩ごはん、夜食と1日5食。

牛のように食べる!

という生活を続けていたそうです。

それにより、185センチ、97キロというホームランバッターにふさわしい体型になったのですね。

■双子の姉がいるの?

筒香嘉智選手の兄弟は、兄と双子の姉の3人兄弟です。

姉・遥さんとはあまり連絡取り合うことはないみたいですね。

遥さんは、ファッションにとてもうるさく、いつも私服のセンスを注意されているみたいです。

厳しい兄と姉の元で、精神面が自然に鍛えられたのかもしれませんね。

■父と出かけた甲子園…

筒香嘉智選手が、小学校1年生のとき、父に連れられて高校野球の試合を甲子園でみました。

その試合は、今でも伝説の試合と語り継がれる

「PL学園対横浜高校」

の一戦です。

延長17回の死闘、平成の怪物、松坂大輔投手が17回を1人で投げきった、あの試合です。

筒香選手はこの時、松坂大輔投手に憧れ

横浜高校で野球をする…!

と心に決めたそうです。

小学1年生であった筒香選手には、深く印象付けられる試合だったに違いありません。

■まとめ

筒香家は、20時に家族全員で晩ごはんを食べる決まりになっています。

家族の時間を大切にする父の考えでもあったそうです。

晩ごはんが終われば、ナイター設備を完備した農業用ビニールハウスでバッティング練習です。

家族一丸で球界屈指のスラッガーを生み出したのですね。

横浜高校では、1年生の春から4番に抜擢され、甲子園にも2回出場するなど素晴らしい実績を残しています。

でも、神奈川県大会の決勝では、自身のエラーでサヨナラ負けを経験するなど、辛いことも味わっています。

たくさんの試練を経験して大きくなっていく…筒香嘉智選手のこれからの活躍に期待しています。

《筒香選手関連の記事》

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 筒香嘉智・双子の姉がいる?実家の母が語る少年期、父と行った甲子園 […]