菊池雄星・嫁は女子アナ!私服センスは?WBC侍ジャパンに選出?

「剛腕左腕」左投手で150キロ超え。埼玉西武ライオンズの菊池雄星(きくちゆうせい)選手。

今回は、そんな菊池投手の横顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■お嫁さんは女子アナ・深津瑠美さん

菊池雄星選手のお嫁さんは、フリーアナウンサーの深津瑠美さんです。

とても美人で、明石家さんまさんが選ぶ「美人トップ10」にも入っています。

瑠美さんは、菊池選手より5歳年上。

岡山放送に入社後、フリーに転向し、NHK・BS1の「ワールドスポーツMLB」のキャスターを務めています。

菊池投手は、野球に対する考え方が前向きであり、瑠美さんはそんな所が良かったのでしょう。

菊池投手は、プライベートでも積極的で、瑠美さんに一目惚れして、猛プッシュをかけたそうです。

2人はすぐに同棲を始め、すぐに結婚をしました。

また瑠美さんは、アスリートフードマイスターの資格を取得中。

奥さんのサポートを受けて、今後、菊池投手が活躍すること間違いなしですヽ(^o^)丿

■私服のセンスは?

菊池雄星選手の私服センスが「ダサい」との噂をよく耳にするのは、あるTV番組の影響が大きいです。

チームメイト3人で番組出演したときの服装が、奇抜だったがために、そんな噂が流れたのです。

実は、あれは、先輩の炭谷銀仁朗選手が、無理やり着用させたのでした。

先輩のイタズラに後輩が応える…これはとても先輩後輩の関係が良いことを示しています。

よくコミュニケーションが図れている証拠です。

実際の私服は、Tシャツにジャケット等、「ダサい」感じではありません。

誰が見ても「ダサい」と判断すれば、奥さんが注意するでしょう。

■WBC侍ジャパンに初選出?

菊池雄星選手は、侍ジャパンの候補にリストアップされていましたが、2017年のWBCへの参加はありません。

2016年シーズン12勝をあげ、防御率もリーグ2位。

左投手のスリークォーターぎみに投げ込んで、球速が150キロ近く出る投手は中々いません。

左投手の速球派が、海外の選手たちと対戦する姿は、もう少し先の事となりそうです。

■まとめ

菊池雄星選手の高校は、岩手県の花巻東高校。

大谷翔平選手の先輩にあたります。

高校時代は、全国甲子園大会に1年の夏、3年春夏、3度甲子園を経験しました。

チームとしてはベスト4が最高成績で、菊池投手は3年時には、全国から注目を浴びる投手でした。

ドラフトでは、6球団が競合、鳴り物入りで入団しましたが、埼玉西武ライオンズの1年目、2年目は、結果も出ず、辛い時期を経験しています。

そんな時期を経験して、乗り越えることができたからこそ、そこに成長があるのです。

日本を代表する投手になることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする