野村祐輔の【高校時代】チームメイトはあの人!成績とmaxスピードは?

2016年にロサンゼルス・ドジャーズへ移籍した前田健太投手に代わり、広島カープの右のエースとして期待されている野村祐輔(のむらゆうすけ)選手。

今回は、野村選手の高校時代に迫っていきます!

スポンサーリンク

■高校時代の成績は?

野村祐輔選手は広島県の広陵高校出身で、3年生の春夏と甲子園に出場しています。

春の選抜大会では、1回戦・成田高校との延長戦を制するなど、ベスト8まで勝ち進みましたが、3回戦の帝京高校に1-7と大敗を喫してしまいます。

試合後、野村選手は涙を見せず、夏にまた甲子園に戻ってくると誓いました。

その誓いの通り、夏の甲子園出場を果たした野村祐輔選手。

初戦で、夏の甲子園3年連続決勝進出していた駒大苫小牧高校と当たるも、逆転勝ちで試合を制します。

その勢いに乗り、準決勝では春夏連覇を狙っていた常葉学園菊川高校にも勝利し、いよいよ決勝戦へ。

決勝の相手は、その年ノーマークながらも快進撃を続け、「がばい旋風」を巻き起こしていた佐賀北高校でした。

野村選手は、7回まで被安打1に抑え0-4で迎えた8回裏、誰もが広陵の勝利を予感し始めた時に、試合の流れが大きく変わります。

佐賀北の連打と、審判の際どい判定から押し出しのフォアボール、逆転満塁ホームランと試合をひっくり返され、そのまま佐賀北高校に初優勝を譲ることとなってしまいました。

野村選手には、悔しすぎる夏の思い出となりました。

■あの有名選手がチームメイトだった!

実は、野村祐輔選手と巨人の小林誠司選手は高校時代のチームメイトでした。

小林選手は、もともと投手兼ショートでしたが、高校1年生の秋に監督からの提案でキャッチャーに転向し、野村選手とバッテリーを組むようになります。

小林選手は、野村選手好みのキャッチャーになる為に、食事やお風呂などの行動をともにする事から始めました。

その甲斐あって、2人は甲子園の決勝に進出するほどのバッテリーへと成長していきます。

小林選手は、佐賀北高校との試合を誰よりも悔いていました。

佐賀北高校の反撃のきっかけとなったヒットは、スローボールを痛打されたものでした。

なんで、あの時あの球を要求したんだろう。本当に野村には悪いことをした

と、小林選手は振り返ります。

その敗戦後、チームメイトと

これからは、それぞれの日本一を目指そう

と話したという野村選手と小林選手。

2人とも夢だったプロ野球選手になり、次の舞台で日本一を目指します!

■高校時代のmaxスピードは?

野村祐輔選手のmaxスピードは149km/hで、高校時代からほぼ変化はありません。

というのも、野村選手は球速でガンガン押していくピッチャーではなく、多彩な変化球と制球力を武器としているからです。

高校時代から安定したフォームと落ち着いたマウンドさばきが高く評価されていました。

ここ数年で、新しい球種を増やす取り組みも行っていて、これからどんな投球を見せてくれるか、ますます楽しみです。

■まとめ

普段は、とてもマイペースで少し変わっているという野村祐輔選手。

ウエイトトレーニングを薦められても、

自分は『しなり』で投げるタイプなので、筋肉を硬くしたら終わり

と言ってウエイトトレーニングは一切やらないそうです。

また、自身はピッチャーとして精神面とキレ、コントロールを大事にしているとか。

これからも野村選手の強みを生かしたピッチングに期待できそうです(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク