野村祐輔と小林誠司はおんぶするほど仲が良い?甲子園での苦い思い出

広島カープの野村祐輔投手と、巨人で捕手として活躍している小林誠司選手は、広陵高校時代のチームメイト。

今回は、高校時代にバッテリーを組んでいた2人の関係に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■野村祐輔と小林誠司は元チームメイト

小林選手は、高校入学当初は投手兼遊撃手としてプレーしていましたが、1年生の冬に監督の助言で捕手に転向。

2人は小林選手が投手だった頃から仲が良く、小林選手が野村選手に投手としてのアドバイスを貰っていたそうです

小林選手に、野村選手の第一印象を聞いてみると

口数が少なくてクール。実は負けず嫌いで、見た目からは分からないけど、とても強い気持ちを持っている

と話しています。

また、野球以外では

クールではあるけど、面白いやつです

と。

高校時代に、厳しい練習や試合を二人三脚で乗り越えてきた2人の絆は強く、お互いへの信頼も厚いようです。

野村選手も

めちゃくちゃ信頼している。誠司がいたからここまでこれた

と話し、一方の小林選手も

野村が自分を成長させてくれた

と話しています。

やはり、甲子園という同じ目標に向かって汗を流した仲間との時間は、かけがえのない宝物のようです。

■喜び爆発で思わずおんぶ!?小林誠司との仲の良さが話題に!

野村祐輔選手と小林誠司選手の仲の良さは先ほどもお伝えしましたが、広陵高校時代の2人を見ていると、その行動からも仲の良さがひしひしと伝わってきます。

特に、3年夏の広島大会決勝戦で甲子園出場が決まった瞬間のことでした。

その日、試合を決める本塁打を打っていた小林選手の喜びが大爆発。

最初は、野村選手に後ろから抱きついて喜びを露わにしていた小林選手ですが、最終的にはおんぶされるような形になっていました。

これを見ていたファンからも、小林選手の喜びようが可愛かったと話題に。

野村選手と小林選手はともにイケメン選手としても人気があります。

そんな2人が仲良くしている姿は、ファンにとって見逃せない瞬間のようです。

■野村祐輔×小林誠司バッテリーの甲子園での苦い思い出

野村祐輔投手は高校3年の夏に甲子園に出場し、準優勝を果たしています。

しかし、佐賀北高校との決勝戦が、広陵高校の選手にとって忘れられない苦い思い出となってしまいました。

この試合は、審判の厳しすぎるボール判定が続き、それが試合の勝敗を左右したとして、野球ファンの間でも伝説の試合として記憶に残っています。

野村選手も、まさにこの審判の判定に苦しめられ、8回裏まで4-0とリードしていたにも関わらず、連続四球と本塁打でまさかの逆転負け。

真紅の優勝旗に、あと一歩のところで手が届きませんでした。

その年の佐賀北高校は、誰もがノーマークだった中、引き分け再試合や延長戦でのサヨナラ勝ちなど、劇的な試合展開で快進撃を続けていました。

そして迎えた決勝戦で、野村投手も佐賀北高校の勢いを感じたと言います。

8回裏、下位打線に2安打を浴び、1死1,2塁とこの試合初めてのピンチを迎えた野村投手。

その瞬間、球場の声援が一気に大きくなりました。

その時の事を野村選手は、

「広陵のアルプス席以外は、全て佐賀北の応援になっていて、平常心を保つのが難しくなっていた。」「球場が揺れていた」

と、語っています。

相手校の勢いと、球場の雰囲気に飲まれてしまっての敗戦。

野村選手にとって、大きなターニングポイントとなった衝撃の敗戦でしたが、この試合があったからこそプロ野球選手になれたと、野村選手は語っています。

■まとめ

野村祐輔選手と小林選手は、2016年11月に侍ジャパンの強化試合メンバーに揃って選ばれました。

野村選手が先発した試合で小林選手がマスクをかぶった事で、広陵高校時代以来の「のむこば」バッテリーが実現しました。

また、12月12日は「バッテリーの日」に制定されていることから、侍ジャパンはインスタグラムの公式アカウントで野村選手と小林選手の写真を掲載しました。

これには、ファンから

「さわやかイケメンコンビ」「涙が出た」

など、2人のプロの舞台でのバッテリー再結成に感動の声が多く寄せられました。

また、「のむこば」バッテリーが見られる日が今から楽しみです(*^^*)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク