柳裕也…妹・幸奈と母・薫、そして天国の父に捧げるウイニングボール

中日ドラゴンズのドラ1投手である、柳裕也(やなぎゆうや)投手。

今回は、そんな柳投手の家族に関するエピソードです。

スポンサーリンク

◆実家

柳裕也投手の実家は、宮崎県都城市。

しかし、意外にも生まれた場所は、東京都府中市でした。

電車が好きで毎日、電車の模型を手に遊ぶ少年だったそうです。

そして柳投手が3歳の時、宮崎県へ転居。

小学3年から「志比田スポーツ少年団」で野球を始め、「都城リトルシニア」では中学3年時にリトル世界大会で最優秀投手に選ばれています。

高校は野球留学で横浜高に進み、3度の甲子園出場を経験しました。

そして進んだ明治大学。

くしくも野球部寮があるのは、幼少期を過ごした府中でした。

そして柳投手は、この地でも大活躍を見せ、プロへの切符を手にしています。

◆父親は交通事故で他界

柳裕也投手のお父さんの名前は、柳博美さん。

父・博美さんは身長185cmの大柄で、野球経験はありませんでしたが、休日は柳投手の練習や試合に付き添ってくれました。

教本を買い与え、キャッチボールの相手を務め、木材を自ら加工してバットまで作ってくれました。

柳投手が小学校6年生の時、お父さんは所属チーム「志比田スポーツ少年団」の会長を務めます。

チームはその夏、学童の全国大会である「マクドナルド杯」に出場。

大会は茨城県水戸市で開催されましたが、それから数日後、悲劇が起こります。

都城市内で運送業を営んでいた博美さんが、仕事中の事故で帰らぬ人となったのです。

柳投手は12歳にして、葬儀の喪主を務めました。

プロ野球選手になって、お母さんと(妹の)幸奈を守ります。だから安心してください

柳投手は、涙を見せることなく手紙を読みあげたそうです。

男はどんなにつらくても泣いちゃ駄目だ

父・博美さんが生前、柳投手にこう伝えていたからにほかありません。

◆母親・薫さんの年齢は?

柳裕也投手のお母さんの名前は、薫さん。

年齢は、今年(2017年)で47歳になります。

母・薫さんと父・博美さんは、宮崎県内の中学時代の同級生でした。

2人は高校卒業後、それぞれ宮崎から東京に出ていましたが、地元での成人式で再会したことがきっかけで結婚しています。

父・博美さんが亡くなった後は、気丈に振る舞う柳投手を、薫さんは支え続けました。

ひたむきにプロ野球選手を目指す息子の姿に、薫さんもまた、支えられたといいます。

今までと変わらないように、寂しく、冷たい思いだけはさせたくなかった

そう意識する薫さんは、柳投手が練習から帰ってくるのを待って、温かいご飯を食卓に並べました。

中学1年の12月に「都城リトルシニア」に入団すると、薫さんは毎日、車で送り迎えをしています。

中学3年の夏、シニアの日本代表として世界選手権に出場し、最優秀投手になった柳投手は、全国の高校から誘いを受けるようになります。

柳投手は、少年時代からテレビで見た甲子園大会での「YOKOHAMA」のユニホームに憧れがありました。

横浜高校は野球が強いところなんでしょ?プロ野球選手になるためにも、行きなよ

薫さんはこう言って柳投手の背中を押してくれました。

親子は遠く離れることになりましたが、夏の予選など節目の試合には、お母さんは必ず宮崎から神奈川へ向かいます。

来れる?無理してない?

気をつかう柳投手に対してお母さんは、

大丈夫、絶対いくから

と返しました。

実際、薫さんは息子の試合をスタンドから見守ることを励みにしていたのです。

高校2年の1月、柳投手はある社会人チームから誘いを受けます。

働いてお金をもらいながら、プロを目指すよ

柳投手は母にこう告げましたが、薫さんは知っていました。

息子に進学したい気持ちがあることを。

大学での出会いは大人になってからも財産になる。

そう思った母・薫さんは、柳投手に

大学へ行きなさい

と伝えています。

結果、高校・大学と私学に通った柳投手。

授業料は安くなく、家を出る分、仕送りも必要でした。

しかし、薫さんはこう言い切ります。

お父さんがいるという感覚で育ててきましたし、我慢をさせたくなかった。お金は少しずつ返していけばいい。私自身、今という時間を大切にしたいと思ってきました

柳投手の活躍は、母・薫さんなしでは成し遂げることができなかったでしょう。

◆妹・幸奈さんはかわいい!

柳裕也投手には妹がいて、名前は幸奈さん。

年齢は、柳投手より2歳年下です。
この幸奈さん、ネット上では「かわいい!」と評判です。

幸奈さんの画像は、過去にテレビ出演した時のものをネット上で見ることができますが、確かにかわいいですね(*^_^*)

ちなみに母・薫さんも若々しく、こちらも「かわいい!」と話題に。

柳投手はかわいい女性に囲まれているので、お嫁に来る女性は大変かもしれません(>_<)

◆まとめ

2017年6月18日。

この日は、柳裕也投手がプロ初勝利を決めた日となりました。

もう一つ、この日は「父の日」でもあります。

「今日は父の日なので、ウイニングボールは父の仏壇に置きたいと思います」

と笑顔で話す柳投手。

天国のお父さんは、涙をこらえて喜んでいることでしょう(^_-)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク