上原健太も二刀流?広陵・明治大学からの素顔をツイッターで分析

「2015年日本ハムファイターズドラフト1位」上原健太(うえはらけんた)選手。

今回は、そんな上原選手の素顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■上原健太選手が二刀流に挑戦?

日本ハムファイターズ栗山監督が、大谷翔平選手に続く、二刀流候補として上原健太選手の名前を挙げていました。

栗山監督は

投手として大成させたい!そのために、2つのことをやる。それによって逆の気持ちが分かり、打つことで投げるヒントを得ることもある

と力説していました。

目的は、投手で大成すること、その手段として打者を経験する…

大谷選手の二刀流とは、目指すところが違うのですね。

大谷選手の二刀流成功が、栗山監督に自信持たせ、更なるアイデアが沸き、それを実行に移す。

今の日本ハムファイターズは、とても良いサイクルのような気がします

ここで上原選手が大きく飛躍すれば、みんなが大喜びしますね(^^)

■広陵高校・明治大学時代の活躍ぶり

上原健太選手、広陵高校時代は、1年生の夏から控え投手としてベンチ入りをしています。

2年生の夏には、全国甲子園大会に出場しましたが、登板することなく、2回戦で敗退しました。

3年生はエースとなりますが、県大会3回戦で敗退しています。

とうとう、甲子園のマウンドに立つことはできませんでした( T_T)\(^-^ )

それから上原選手は、明治大学に進学し、1年生の春からリーグ戦に出場しています。

2年生春からは、中継ぎ投手として、春夏のリーグ制覇に貢献しました。

3年生秋には、最優秀防御率のタイトルを獲得しています。

4年生には、ユニバーシアード大会に出場し、優勝に貢献しました。

このように見てみると、高校・大学の活躍ぶりは、とても素晴らしいものです。

■ツイッターから上原健太選手を分析

上原健太選手のツイッターを見ると、広陵高校時代、明治大学時代の野球部の仲間関係が多いようです。

苦しい練習を耐え抜いてきた仲間達とは、卒業しても、一生付き合っていく仲間だと思います。

今後、壁にぶつかったとき、お互い励まし合い乗り越えていくのでしょうね。

友情をテーマにした青春ドラマのようです(^^)

■まとめ

上原健太選手は、沖縄県の出身ですが、すでに、中学1年生の時に県外の高校で野球がしたいと思ったそうです。

広陵高校に興味を持ったきっかけは、現在、広島東洋カープで投手をしている野村祐輔選手。

2007年の夏の甲子園決勝で投げる野村選手を見て、

自分もこうなりたい!

と思ったのですね。

そして、広陵高校、明治大学と野村選手と同じ道を歩み、プロの世界へ入ったのです。

そして、野村選手とは違う日ハムに入団した、上原選手。

野村選手を超える活躍を、期待しています!