菊池涼介・実家はあの人の近く?広島の3兄弟?身体能力は父母譲り!

守備の達人として有名な広島東洋カープ・菊池涼介(きくちりょうすけ)選手。

そんな菊池涼介選手の素顔に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

■実家は広島カープの先輩の近く?

東京都大和市に、菊池涼介選手の実家はあります。

広島東洋カープで長く4番バッターとして活躍された、江藤智さんの実家と、自転車で10分くらいの距離なのだとか。

江藤さんは、菊池選手が幼少期に憧れていた選手。

自転車でサインをもらいに行ったこともあるそうです。

今では、同じ背番号「33」をつけていますが、これには凄い縁を感じますね。

菊池選手の活躍を考えれば、1桁の背番号をつけてもおかしくない状況ですが、「33」に強いこだわりがあるのでしょう=(^.^)=

■広島の3兄弟とは?

戦国武将・毛利元就は、3人の息子に「3本の矢」の教えを説いたといわれています。

広島カープの3兄弟は、快進撃を支えた、丸佳浩選手、菊池涼介選手、田中広輔選手ですね。

3人は同学年なのですが、長男が丸選手、次男が菊池選手、三男が田中選手となります。

これは、性格やプレースタイルからそのようになったのですが、イメージとしてぴったりですよね(^-^)v

■身体能力は父・母からの「おくりもの」

プロ野球選手の中で、守備で注目を浴びる選手は、過去をみてもそれほど多くありません。

並みの選手では、捕球できても、送球することができなくてセーフにしてしまう。

こんなケースは多々あります。

難しい打球は、捕球するだけでも高度な技術だと思います。

しかし、菊池涼介選手は、送球もままならない体勢からでも、矢のような送球でアウトにしてしまうのです。

これは、身体能力が尋常でないくらい高いから!

身体を鍛えることにより、身体能力を高めていくこともできるでしょう。

しかし、菊池選手の能力は、生まれもった能力に違いありません。

まさしく、父・母からの「おくりもの」ですね。

■まとめ

今、現在あれだけの活躍をみせる菊池涼介選手ですが、幼少期から中学までは、喘息に苦しんでいたそうです。

野球で遠征するときも、吸入器が手放せませんでした。

高校は、長野県の塩尻にある学校へ野球留学していますが、高校に入ったら喘息は収まったそうです。

塩尻という自然がいっぱいの環境がそうさせたのか、ある程度大人になったからなのかは分かりませんが・・・

プロ野球選手として、子供達にこれからも夢を与え続けていってほしいですね。

菊池涼介選手の今後の活躍に期待しています。

《菊池涼介選手の関連記事!》

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 菊池涼介・実家はあの人の近く?広島の3兄弟?身体能力は父母譲り! […]