大谷翔平《全打席データ》2017.4.1西武戦の打者(野手)成績

早くも熱を帯びてきた、プロ野球2017シーズン。

今回は、第2戦を迎えた北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平(おおたにしょうへい)選手の全打席のデータを紹介していきます。

スポンサーリンク

■2017.4.1西武戦

日ハムの第2戦は、前日に引き続き、札幌ドームにて埼玉西部ライオンズとの対戦。

大谷翔平選手も前日と同じく、3番DHで先発出場しました。

■第1打席

0-0で迎えた1回裏、ファイターズの攻撃。

2アウトランナーなし、ピッチャーは石川梨華さんと入籍したばかりの野上亮磨(のがみりょうま)投手です(*^_^*)

球数 球速 コース 球種 経過 結果
1 131km/h 内角中 スライダー スイング F
2 127km/h 内角低 スライダー 見送り B
3 126km/h 外角中 チェンジアップ スイング 内野安打

第3球目のチェンジアップを弾いた打球は、センターへ抜けそうな当たり。

セカンドの浅村栄斗選手がよく追いつきましたが、大谷選手の俊足がうなり、内野安打となります。

しかし、大谷選手は右足首が完治していないため、栗山監督に

「全力疾走禁止令」

を出されている身分。

さらに、ファーストベースをジャンプするように右足で踏んでおり、栗山監督は、

分かっていないなら試合に出さない、と言ってきた。俺は本気で怒っている

と怒り心頭でした(^_^;)

■第2打席

1-0で迎えた3回裏、ファイターズの攻撃。

1アウトランナーなしで、ピッチャーは、引き続き野上投手です。

球数 球速 コース 球種 経過 結果
1 142km/h 外角高 ストレート 見送り B
2 114km/h 内角低 スライダー 見送り B
3 129km/h 外角中 チェンジアップ スイング F
4 144km/h 外角中 ストレート スイング 左二塁打

4球目のストレートをたたいた打球は、左翼フェンスに直撃する大きな当たりで二塁打。

あと数十センチでホームランでしたが、大きな当たりにファンからも大きな歓声が上がりましたヽ(^o^)丿

■第3打席

2-1で迎えた5回裏、ファイターズの攻撃。

ノーアウトランナー1塁で、ピッチャーは引き続き野上投手。

球数 球速 コース 球種 経過 結果
1 122km/h 外角中 チェンジアップ 見送り
2 138km/h 内角低 ストレート 見送り
3 139km/h 内角低 ストレート スイング 三振

大谷選手の第3打席は、2球連続見逃し。

カウント0-2からの3球目も139キロ直球を空振りし、3球三振に打ち取られています。

■第4打席

3-1で迎えた8回裏、ファイターズの攻撃。

1アウトランナーなし、ピッチャーは2番手の左腕、野田昇吾(のだしょうご)投手です。

球数 球速 コース 球種 経過 結果
1 133km/h 内角中 ストレート スイング 左前打

大谷選手、第4打席は初球のストレートをたたき、レフト前ヒット。

第1戦のマルチを越え、第2戦では猛打賞を記録しました。

■まとめ

この日の大谷翔平選手は、4打数3安打の猛打賞。

ゲームも3-1で勝利し、チームは今季初勝利を挙げています。

しかし、栗山監督は

明日、説教します

とダメだし。

チーム初勝利に貢献する猛打賞でも怒られてしまうのは、「球界の宝」なだけに仕方のないことなのでしょう(^_^;)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする